ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911ターボS(4WD/7AT)/ボクスターGTS(MR/7AT)/ケイマンGTS(MR/6MT)

ダンシング・イン・ザ・レイン! 2014.12.08 試乗記 ところは富士スピードウェイ。最新の「911 GT3」から「ボクスター/ケイマンGTS」までがそろうポルシェのハイパフォーマンスモデル試乗会だというのに、ご覧のとおり路面コンディションはヘビーウエットだ。さあ、コースインの出番がやってきた。雨に踊れば、見えてくるものも、きっとあるだろう。

いざ出撃準備完了

「911 GT3」を富士スピードウェイで走らせる。
そんなオファーをもらったら、ジャーナリストなら誰だって胸をときめかせるはずだ。しかし筆者は、別な意味で胸の鼓動を高鳴らせていた。ポルシェジャパンによって一日だけ開催された「ハイパフォーマンスモデル試乗会」が、非情にも激しい雨にさらされてしまったからである。

とはいえ筆者が、単に475psの高出力モデルを雨の中で走らせることに恐れをなしていたわけではない。雨とてタイヤがグリップしてくれさえすれば、911ほどの完成度を持つスポーツカーなら、きちんと運転することができるはずだからだ。

しかしこの新型911 GT3と、それに続いて試乗する「911ターボS」が装着していたタイヤは、極端にドライ路面でのグリップ性能を重視した浅溝スポーツタイヤ、ミシュラン・パイロット スポーツ カップ2だったのである。

いまどきのスポーツモデルでは少数派となったキーシリンダーをひねると、しんとしたピットにドスを利かせたアイドリングサウンドが轟(とどろ)いた。タイプ991になってからのGT3に乗るのは初めてだったが、暖気が十分に済まされているおかげもあってか、演出といわれる駆動系の“ガラガラ音”はさほど気にならなかった。

先代モデルに比べていくぶん座面がふっかりしたように思えるバケットタイプのスポーツシートに身をうずめると、ラグジュアリーな座り心地にもかかわらず、ドライビングポジションはすんなり決まった。

先代GT3や「ケイマンR」など、これまでポルシェのスポーツモデルは必要以上に背筋をピン! と伸ばす窮屈な運転姿勢を強いる印象があり、筆者にはそこだけが不満だった。しかし新型GT3のシートは座面が適度に傾斜(お尻下がり)しており、ステアリングコラムを少し調節するだけで、サーキット走行には最適な“寝そべり気味のポジション”をラクに取ることができたのだ。これだと視線を遠くに置くことができるし、ももの裏側が座面に密着することもあって、制動Gに対しても体を支えやすい。またPDK最大の恩恵である“左足ブレーキ”もやりやすくなる。

再定義された「911 GT3」。直噴のフラット6を搭載し、後輪操舵(そうだ)システムを採用するなど、新型は大きな一歩を踏み出した。
再定義された「911 GT3」。直噴のフラット6を搭載し、後輪操舵(そうだ)システムを採用するなど、新型は大きな一歩を踏み出した。
内装は黒基調で、ステアリングなど随所にアルカンターラがあしらわれる。トランスミッションは7段PDKのみ。
内装は黒基調で、ステアリングなど随所にアルカンターラがあしらわれる。トランスミッションは7段PDKのみ。
写真はオプションのスポーツバケットシート。ドライビングポジションはぴたりと決まった。
写真はオプションのスポーツバケットシート。ドライビングポジションはぴたりと決まった。
 
ポルシェ911 GT3/911ターボS/ボクスターGTS/ケイマンGTS【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る