第267回:ファン・トゥ・ドライブの再定義は近し!
「BMW i8」に試乗して

2014.12.04 エッセイ
筆者にとって2014年最大の問題作は「BMW i8」だった。
筆者にとって2014年最大の問題作は「BMW i8」だった。

早いものでもう12月。一年を振り返る時期になってしまった。「マツダ・デミオ」しかり、「メルセデス・ベンツCクラス」しかり、今年もいいクルマに恵まれた一年だった。世の中がいいクルマばかりになってくると“問題作”が恋しくなるものだが、そんなときには30年選手のクロカン四駆がいきなり再販されたり、はたまた実用前提の燃料電池車が発表されたりして、退屈になるヒマはほとんどなかった。2014年の自動車劇場は、終わってみれば結構手の込んだシナリオが用意されていたのだなあと思う。

ボディー構造はモノコックではなくシャシー(アルミ製)とボディー(カーボン製)が別体になっており、BMWは前者を「ドライブモジュール」、後者を「ライフモジュール」と呼んでいる。
ボディー構造はモノコックではなくシャシー(アルミ製)とボディー(カーボン製)が別体になっており、BMWは前者を「ドライブモジュール」、後者を「ライフモジュール」と呼んでいる。
ドライブモジュールを見る。フロントにモーター、センタートンネルにリチウムイオンバッテリー(総電力量7.1kWh)、リアに1.5リッター直3エンジンを搭載している。
ドライブモジュールを見る。フロントにモーター、センタートンネルにリチウムイオンバッテリー(総電力量7.1kWh)、リアに1.5リッター直3エンジンを搭載している。

スーパーカーの未来形……ではない

その中で、筆者にとってとりわけ“問題”だったのが「BMW i8」だった。2014年は仕事始めの翌々日に乗った「トヨタ・ハリアー」から先日乗った「ホンダ・グレイス」まで、約100台の新車のステアリングを握ったが、i8については今なお、「こういうクルマです」と明確に説明する言葉を持てないでいる。

このクルマを「上方に跳ね上がるシザードアを持つ、プラグインハイブリッドのクーペです」と説明すれば、おそらく「……ということは、スーパーカーの未来形?」という見方になるのだろうが、このクルマが示しているものは、たぶんそんなに単純なものではないはずだ。

まずは車両パッケージがすごい。全長が「4シリーズクーペ」と同等のボディーのフロントアクスル上にモーターを、センタートンネル内にリチウムイオンバッテリーを、そして“リアミッド”に1.5リッター直3エンジンを置くというきちきちな構成をとりながら後席を持ち、しかもクーペフォルムが不格好になっていないという離れ業を成し遂げている。

車重はしめて1500kg。重量のかさむプラグインハイブリッドでありながら、4シリーズクーペの中で一番軽量な「420iクーペ」より40kg軽い。実物を見せず、文字だけで説明したら、それが一体どんなクルマか想像するのは簡単ではないはずだ。

そして実際に乗れば、このクルマの“特異さ”がさらに際立ってくることになる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る