ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表

2014.12.03 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート トワイライト」
「ミツオカ・ビュート トワイライト」

ミツオカ、ハリスツイードの特別な「ビュート」発表

光岡自動車は2014年12月3日、「ビュート」に英国スコットランドの伝統生地素材であるハリスツイードを使用した15台限定の特別仕様車「Viewt twilight(ビュート トワイライト)」を発表した。12月5日に発売する。


ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像
光岡自動車のデザイナー青木孝憲氏。
光岡自動車のデザイナー青木孝憲氏。

ビュート トワイライトは、「ビュート12ST」をベースに、たそがれ時の太陽をイメージしたという「トワイライトオレンジ」のボディーカラーをまとい、内装にはスコットランド北西部のハリス&ルイス島に伝わる手織り生地、ハリスツイードが用いられた特別仕様車。

タータンチェックのハリスツイードはシート、インストゥルメントパネル、ドアトリム、ルーフトリムに採用される。
ハリス&ルイス島の職人により手作業で織り上げられるツイード素材は、内装への使用を考慮し、難燃生地としてビュート専用に作られたもので、生地の生産量が限られるため、15台の限定販売となる。

ビュート トワイライトの特別装備は以下の通り。

・専用刺しゅう入りハリスツイードシート
・専用ウッドタイプインパネ
・専用ドアトリム
・専用グリルバッジ
・専用Cピラーエンブレム
・専用ルーフトリム
・専用ボディーカラー<トワイライト オレンジ(M)>
・メッキドアハンドル
・メッキインナードアハンドル

FF、CVT仕様のみの設定で、価格は279万円。ベースモデル「ビュート12ST」に比べ、51万1200円高となっている。

(文と写真=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビュートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • マカロンをイメージした「ミツオカ・ビュート」登場 2017.2.23 自動車ニュース 光岡自動車は2017年2月23日、コンパクトセダン「ビュート」の特別仕様車「ビュート フレンチマカロン」を発表した。同年2月24日から同年5月31日までの期間限定で販売する。
  • ミツオカ・ビュート 2012.5.25 画像・写真 2012年5月24日に発売された新型「ミツオカ・ビュート」の姿を、写真で紹介する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る