「日産デイズ」シリーズが自動ブレーキを初採用

2014.12.04 自動車ニュース
「日産デイズ ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II」
「日産デイズ ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II」

日産「デイズ」シリーズに自動ブレーキを初採用

日産自動車は2014年12月4日、軽乗用車の「デイズ」「デイズ ルークス」に特別仕様車「Vセレクション+Safety II」を設定し、販売を開始した。

「日産デイズ ルークス ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II」
「日産デイズ ルークス ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II」

■安全装備を強化した特別仕様車が登場

今回の特別仕様車は、同年10月にデイズに設定された「Vセレクション+Safety」シリーズの第2弾にあたる。ベースとなるのは「X」「ハイウェイスターX」の量販グレード2種で、第1弾で搭載された「アラウンドビューモニター」に加え、「エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」を特別に装備している。

なお、デイズシリーズにエマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシストが設定されるのは、今回が初となる。

ラインナップと価格は以下の通り。

デイズ
・X Vセレクション+Safety II(FF):128万880円
・X Vセレクション+Safety II(4WD):140万1840円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(FF):140万6160円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(4WD):152万7120円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II (アラウンドビューモニターレス、FF):137万3760円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(アラウンドビューモニターレス、4WD):149万4720円

デイズ ルークス
・X Vセレクション+Safety II(FF):140万7240円
・X Vセレクション+Safety II(4WD):152万8200円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(FF):159万4080円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(4WD):171万5040円

また、日産は今回カタログモデルについても仕様の変更を実施。「X」「ハイウェイスターX」を除く全グレードに、エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、VDCなどをセットにしたパッケージオプションを新設定した。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デイズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産デイズ ルークス ハイウェイス ターターボ(FF/CVT)/日産デイズ ルークス X(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.25 試乗記 まさに戦国時代の様相を呈する軽自動車マーケット。第4極を狙う日産・三菱連合の“日産バージョン”である「デイズ ルークス」に試乗した。
  • 日産デイズ ルークス ライダー(FF/CVT)【試乗記】 2014.5.14 試乗記 日産の軽スーパーハイトワゴン「デイズ ルークス」をベースに、オーテックが内外装を仕立てたコンプリートカー「ライダー」に試乗。使い勝手を重視するママだけでなく、パパも満足できる軽乗用車のキモとは?
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 「日産デイズ ルークス」に装備充実の「Vセレクション」登場 2017.4.25 自動車ニュース 日産自動車は2017年4月25日、軽乗用車「デイズ ルークス」に特別仕様車「Vセレクション」を設定し、販売を開始した。両側リモコンオートスライドドアやアルミホイールなど、利便性の高い人気の装備が追加されている。
ホームへ戻る