三菱、軽自動車「eK」シリーズの安全装備を強化

2014.12.04 自動車ニュース
「三菱eKワゴンG e-Assist」
「三菱eKワゴンG e-Assist」

三菱、軽自動車「eK」シリーズの安全装備を強化

三菱自動車は2014年12月4日、軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」の一部の仕様を変更し、販売を開始した。

「三菱eKスペース カスタムT e-Assist」
「三菱eKスペース カスタムT e-Assist」
「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」
「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」
「誤発進抑制機能」
「誤発進抑制機能」

■自動緊急ブレーキ搭載車を全グレードに設定

今回、「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」と「誤発進抑制機能」の2つの安全技術を採用した「e-Assist」搭載車を、eKシリーズの全グレードに設定。またe-Assist搭載車には、「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」を標準装備とした。

e-Assistの機能の詳細は以下の通り。

・低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
レーザーセンサーによって前方車両を監視。約5~30km/hの低速走行中に衝突の危険を察知すると、ブザー音とメーター内の警告灯でドライバーに注意を促すとともに、自動ブレーキによって衝突を回避、または衝突被害の軽減を図る。

・誤発進抑制機能
停車時~約10km/h以下の走行時に作動。レーザーセンサーが前方(約4m以内)に車両や障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによってアクセルペダルが素早く、強く踏み込まれた際に、ブザー音とメーター内の警告灯でドライバーに注意を促す。同時にエンジン出力を抑制することで発進をゆるやかにし、衝突被害の軽減を図る。

価格はeKワゴン/eKカスタムが108万~163万1880円、eKスペースは125万9280~185万6520円。

(webCG)
 

関連キーワード:
eKワゴンeKスペースeKカスタム三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • 「三菱eK」シリーズに特別仕様車「プラスエディション」登場 2017.10.6 自動車ニュース
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペー... 2015.5.26 試乗記