六本木にBMWのクリスマスカフェがオープン

2014.12.05 自動車ニュース
「BMW 218iアクティブツアラー」とカフェのフードメニュー。
「BMW 218iアクティブツアラー」とカフェのフードメニュー。

六本木ヒルズにBMWのクリスマスカフェがオープン

BMWジャパンは2014年12月5日、東京港区の六本木ヒルズに期間限定のカフェ「The Blue Christmas Cafe(ザ・ブルークリスマスカフェ) by BMW」をオープンした。

「ザ・ブルークリスマスカフェ by BMW」の店内。
「ザ・ブルークリスマスカフェ by BMW」の店内。
写真右手前が「アクティブ・キッズ・プレート」(1000円)。左上が「アクティブ・ツアラー・プレート」(1200円)。
写真右手前が「アクティブ・キッズ・プレート」(1000円)。左上が「アクティブ・ツアラー・プレート」(1200円)。

六本木にBMWのクリスマスカフェがオープンの画像
店頭には「BMW 218iアクティブツアラー」をトナカイに見立てたディスプレイも。
店頭には「BMW 218iアクティブツアラー」をトナカイに見立てたディスプレイも。

ザ・ブルークリスマスカフェ by BMWは、「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」の納車が12月に始まったのを期に発足した「アクティブ・ファミリー・プロジェクト」の一環として企画されたイベント。六本木ヒルズ内のヒルズカフェ/スペースに設けられ、同社のイメージカラーであるブルーを基調としたクリスマス風インテリアで飾られる。
店内では、2シリーズ アクティブツアラーをイメージした食事やドリンクが提供されるほか、同車の想定ユーザーであるファミリーに向けたさまざまなイベントが開催される。

店頭には2シリーズ アクティブツアラーも展示され、平日限定で六本木ヒルズから渋谷駅や表参道など、およそ30分圏内の希望する場所まで2シリーズ アクティブツアラーを試乗し、目的地で乗り捨てることのできる片道試乗サービスも行われる。

カフェの営業期間は同年12月25日まで。営業時間は11時から23時までとなっている。

(工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る