メルセデス・ベンツS550プラグインハイブリッド ロング(FR/7AT)/S65 AMG クーペ(FR/7AT)/GLA180オフロード(FF/7AT)

見た目以上に個性的 2014.12.09 試乗記 プラグインハイブリッドの高級サルーンから、コンパクトなクロスオーバーSUVまで。多様なラインナップをとりそろえるメルセデス・ベンツの、最新モデル3車種に試乗した。

ただのエコカーにあらず ―― S550プラグインハイブリッド ロング

環境にやさしいだけのクルマではない。骨太でたくましい。端的に言って速い! 21世紀の政治・経済界のリーダーのためのプラグインハイブリッドである。

ドライブシステムは、333psの3リッターV6直噴ツインターボと115psの強力な電気モーター、それに大容量のリチウム電池で構成される。システム出力は最高出力442ps、最大トルク66.3kgm(650Nm)と、「S550」を名乗るにふさわしい。
ゼロエミッションの電気モーターだけで33km走行でき、その最高速度は140km/hに達する。最高速35km/hにとどまる「S400ハイブリッド」の、27psの電気モーターとは大違いである。

カタログ燃費は、100%ガソリンエンジンの4.7リッターV8ツインターボの「S550ロング」が10.5km/リッターであるのに対して、プラグインハイブリッドは13.4km/リッターと3割ほど優れている。ちなみにS400ハイブリッドは15.4km/リッターである(いずれもJC08モードの届け出値)。化石燃料を燃やす分だけ速いということは言えるだろう。

家庭や公共の場で充電できるプラグインハイブリッドの「Sクラス」は、2014年11月25日に日本デビュー。そのボディータイプは、ロングホイールベース版の「ロング」のみとなる。
家庭や公共の場で充電できるプラグインハイブリッドの「Sクラス」は、2014年11月25日に日本デビュー。そのボディータイプは、ロングホイールベース版の「ロング」のみとなる。
442psの総出力を発生するハイブリッドシステム。自然吸気のV8ガソリンエンジンに匹敵する動力性能とうたわれる。
442psの総出力を発生するハイブリッドシステム。自然吸気のV8ガソリンエンジンに匹敵する動力性能とうたわれる。
インテリアの様子。12.3インチの大型ディスプレイが2つ並んだインストゥルメントパネルが特徴的。
インテリアの様子。12.3インチの大型ディスプレイが2つ並んだインストゥルメントパネルが特徴的。
走行モードは、エンジンとモーターを併用する「ハイブリッド」や、走行中にエンジンを使って充電する「チャージ」など4種類(写真中央に表示)が用意される。
走行モードは、エンジンとモーターを併用する「ハイブリッド」や、走行中にエンジンを使って充電する「チャージ」など4種類(写真中央に表示)が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る