ロータス・エキシージSロードスター(MR/6MT)

ライトウェイト原理主義 2014.12.11 試乗記 ロータス史上最速のオープンスポーツとうたわれる「エキシージSロードスター」。その実力を探るためにワインディングロードを目指すも、あいにくの天候に見舞われた。そこで見えてきたものは……?

変わらずユニーク

丸く小さなステアリングホイールを前にして、変わらないなとしみじみ思う。ホーンとエアバッグ以外は、オーディオコントローラーやインフォメーション切り替えスイッチなどはもちろん、今では当たり前のパワーアシストも付いていない。まるでフォーミュラカーのような小径ステアリングホイール(外径約32cm)のせいで、据え切りではなおさら重いが、わずかでも動き出せば途端に軽くなる。金属が触れ合う感触が伝わってくるシフトレバーもまた、懐かしいというか今ではかえって新鮮だ。「エリーゼ」がデビューしてからそろそろ20年にもなるが、最新のエキシージSロードスターでもその手触りはあの当時と少しも変わらない。

顧客を呼び込む間口を広げるためにポルシェはもちろん、フェラーリもランボルギーニでさえ新型に変わるたびにより乗りやすく、扱いやすい方向を目指さざるを得ない中にあって、ロータスだけは今も独自のポジションを守っている。ある程度快適なクルーザーを志向した「エヴォーラ」もラインナップされているとはいえ、すべてアルミニウム製スペースフレームにエンジンをミドシップ、ボディーパネルはFRP製という軽量最優先の基本デザインは一貫している。価格を見れば「ポルシェ・ケイマン」などを仮想敵と見立てているようだが、それでもロータスはあくまでロータスである。もう一枚の皮膚のように体にピタリとフィットするタイトなスポーツカーとしてのキャラクターを堅持、今なおあらゆる市販モデルの中で最もピュアでスパルタンな車だろう。

こんなストイックさはわれわれ日本人の大好物である。たとえ実用性には乏しくても、あるいは経営的には常に危なっかしくても、いやだからこそライトウェイト・スポーツカーの教義に忠実なロータスを応援したいと思うファンは少なくない。昨年日本ではおよそ300台が売れたという。ストイックなスポーツカーを愛する人にとっては、ロータスの名は今も絶大である。

「エキシージSロードスター」は「エキシージ」シリーズの初のオープンモデルとして2012年3月のジュネーブショーで発表された。日本での発売は2014年9月。
インテリアのデザインはクーペと同じだが、シートとドアトリムにキルティングレザーが張られるラグジュアリーな内装が用意される。
トランスミッションは6段MTのみ。6段AT「IPS」の設定はない。
ボディーサイズは全長4070×全幅1800×全高1130mm。「エリーゼ」より270mm長く、80mm幅広い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。