ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)

合理主義を貫く 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。

マイナーチェンジでダウンサイジング

ルノーというメーカーは、今の日本でどんなイメージを持たれているのだろうか。相変わらず「カングー」の売れ行きが好調なようだから、フランスっぽいオシャレなクルマと思っている人が多いはずだ。「ルノースポール」に思い入れがあれば、モータースポーツでの活躍もあいまってスポーツイメージが強いかもしれない。あるいは、「R4」や「R5」などを懐かしく思い出す世代もあるだろう。

今回の試乗車は、「メガーヌ エステートGTライン」である。メガーヌにはハッチバックとエステートがあり、3ドアのルノースポールも用意されている。そして、エステートのグレードは「GT220」とGTラインに分かれる。試乗車はワゴンのベーシックなグレードということになり、ルノーのラインナップの中ではどちらかというと目立たない存在だ。しかし、戦後のルノーは小型大衆車で出発していたわけで、このモデルは伝統を受け継ぐ存在とも言える。実際、実用車としてよくできたクルマだったのだ。

ハッチバックとエステートのGTラインが10月にマイナーチェンジを受け、フロントマスクを一新するとともにパワートレインも変更された。以前は2リッターの自然吸気エンジンが搭載されていたが、新しく採用されたのは1.2リッター直噴ターボである。トレンドであるダウンサイジングの流れに沿ったモデルチェンジだ。基本的には「ルーテシア」や「キャプチャー」のものと同じだが、最高出力は12ps高められて132psとなっている。

「ルノー・メガーヌ」のワゴンバージョンとして「メガーヌ エステートGTライン」が発売されたのは、2012年12月のこと。それから2年を経た2014年10月に、このマイナーチェンジ版が導入された。
「ルノー・メガーヌ」のワゴンバージョンとして「メガーヌ エステートGTライン」が発売されたのは、2012年12月のこと。それから2年を経た2014年10月に、このマイナーチェンジ版が導入された。
シートは、サイドサポートが盛り上がったスポーティーなタイプ。ヘッドレストに「GT line」のロゴが添えられる。
シートは、サイドサポートが盛り上がったスポーティーなタイプ。ヘッドレストに「GT line」のロゴが添えられる。
マイナーチェンジを機に採用された、1.2リッター直4ターボエンジン。これまで「メガーヌ エステートGTライン」に搭載されていた2リッター直4に比べ、ピークパワーこそ8ps劣るが、最大トルクは1.0kgmアップした。
マイナーチェンジを機に採用された、1.2リッター直4ターボエンジン。これまで「メガーヌ エステートGTライン」に搭載されていた2リッター直4に比べ、ピークパワーこそ8ps劣るが、最大トルクは1.0kgmアップした。
「メガーヌ エステートGTライン」には、「CELSIUM」と呼ばれるデザインの17インチアルミホイールが与えられる。
「メガーヌ エステートGTライン」には、「CELSIUM」と呼ばれるデザインの17インチアルミホイールが与えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・メガーヌ エステートGT220(FF/6MT)【試乗記】 2013.6.9 試乗記 レーシングカーの開発を手がけるルノースポールがチューンした、ルノーのワゴン「メガーヌ エステートGT220」に試乗。その走りやいかに?
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • ルノー・メガーヌ エステート GTライン(FF/CVT)【試乗記】 2013.2.21 試乗記 ルノー・メガーヌ エステート GTライン(FF/CVT)
    ……278万円

    ルノーの基幹車種であるCセグメントの「メガーヌ」に、ワゴンモデルの「エステート GTライン」が登場。広くなったラゲッジルームとリアシートだけにとどまらない、フランス製長距離ランナーの魅力に触れた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る