クールなブルーが特徴のシボレー・カマロ登場

2014.12.08 自動車ニュース
「シボレー・カマロ スポーティブルーII」
「シボレー・カマロ スポーティブルーII」

5台限定、クールなブルーが特徴の「シボレー・カマロ」登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年12月8日、2ドアクーペ「シボレー・カマロ」に特別仕様車「スポーティブルーII」を設定し、2015年1月4日に5台限定で発売すると発表した。

 

シボレー・カマロ スポーティブルーIIは、2014年8月に10台限定で発売された「スポーティブルー」の後継にあたる特別仕様車である。

ベースとなるのは3.6リッターV6エンジンを搭載した「カマロLT RS」で、スポーティブルーと同じくブルーの内装色とレザーシートを採用。ボディーカラーには新色の「ブルーベルベットメタリック」を採用している。

価格は473万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カマロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • メルセデスAMG GT R 2017.1.12 画像・写真 「メルセデスAMG GT R」が日本で初公開された。最高出力を585psに、最大トルクを71.3kgmに高めた「メルセデスAMG GT」のトップグレードで、ドイツのニュルブルクリンク北コースでは7分10秒9というラップタイムを記録している。
  • 【デトロイトショー2017】デトロイトに彩りを添えた日本メーカー 2017.1.11 自動車ニュース 2017年1月8日に開幕した北米国際自動車ショー、通称デトロイトショーにおける、日本メーカーの様子をリポート。「レクサスLS」に「トヨタ・カムリ」「ホンダ・オデッセイ」など、話題のニューモデルが世界初公開された。
ホームへ戻る