トヨタがアクアをマイナーチェンジ

2014.12.08 自動車ニュース
「トヨタ・アクアS」(オプション装着車)。ボディーカラーはオレンジパールクリスタルシャイン。
「トヨタ・アクアS」(オプション装着車)。ボディーカラーはオレンジパールクリスタルシャイン。

トヨタが「アクア」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2014年12月8日、「アクア」をマイナーチェンジして発売した。

「トヨタ・アクアS」(オプション装着車)。リアコンビランプのデザインが縦基調に変更された。
「トヨタ・アクアS」(オプション装着車)。リアコンビランプのデザインが縦基調に変更された。
「アクアS」(オプション装着車)。ボディーカラーはチェリーパールクリスタルシャイン(シャイニーデコレーション専用色)。
「アクアS」(オプション装着車)。ボディーカラーはチェリーパールクリスタルシャイン(シャイニーデコレーション専用色)。
「アクアS」(オプション装着車)のインテリア(ブリリアントレッド)。
「アクアS」(オプション装着車)のインテリア(ブリリアントレッド)。
「アクアG」(オプション装着車)のインテリア(ディープブラウン・スエード調ファブリックシート表皮)。
「アクアG」(オプション装着車)のインテリア(ディープブラウン・スエード調ファブリックシート表皮)。
「アクアG“G's”」(オプション装着車)。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン。
「アクアG“G's”」(オプション装着車)。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン。

■エクステリアで先進性とアクティブさを表現

フロントデザインは、1灯の光源でロービームとハイビームを切り替え可能な「Bi-Beam(バイビーム) LEDヘッドランプ」や新形状のフロントバンパーを採用し、よりシャープな表情とした。それに対してリアは、縦基調のリアコンビネーションランプを採用してワイド感を強調したほか、ターンシグナルランプ部にメッキを施して質感を高めた。

「G」および「S」グレードについては、新デザインの15インチホイールキャップを採用したほか、ドアミラー、ドアハンドル、バックドアガーニッシュにメッキを施した「シャイニーデコレーション」をオプション設定した。

ボディーカラーについては、新色オレンジパールクリスタルシャインとフレッシュグリーンマイカメタリックのほか、シャイニーデコレーション専用色であるチェリーパールクリスタルシャインおよびダークバイオレットマイカメタリックを含む全14色を設定している。

■インテリアでは上質さを強調

インテリアでは、センタークラスターやサイドレジスターなどにピアノブラック塗装を施して質感を高めた。「S」のインテリアカラーにはブルーブラックとブリリアントレッドを新設定。さらに「G」ではディープブラウンを設定するなど、グレードごとの個性を際立たせた。

さらに、フロントおよびリアフェンダー(内部)の後部にエアアウトレットを追加し、空力性能を向上させたほか、スポット溶接の増し打ちによるボディー剛性の向上、サスペンションのチューニングなどにより、高い操縦安定性と快適性を確保したという。「G」にクルーズコントロールを標準装備するなど、利便性も高めた。

スポーツコンバージョン車シリーズの「G's」については、ベース車のボディー剛性向上に伴い、サスペンションに専用チューニングを施して、より高い操縦安定性としなやかな乗り心地を追求した。また、G's専用のLEDヘッドランプやリアコンビネーションランプを採用し、よりスポーティーなデザインとした。

価格は以下のとおり。

・L:176万1382円
・S:188万7055円
・G:195万3818円
・G“ブラックソフトレザーセレクション”:203万6291円
・G“G's”:237万7963円

(webCG)

関連キーワード:
アクアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る