シボレー・ソニックにレザーシートの新グレード

2014.12.08 自動車ニュース
「シボレー・ソニックLX」
「シボレー・ソニックLX」

「シボレー・ソニック」にレザーシートの新グレードが登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年12月8日、コンパクトカー「シボレー・ソニック」の2015年モデルを発表した。2015年1月4日に発売する。

 

今回、ラインナップに新たに「LX」が追加設定された。同車はシートヒーター付きのアーティフィシャルレザー(人工皮革)シートを装備した新グレードで、ボディーカラーには新色の「オレンジロックメタリック」「ブレイズレッド」および「スノーフレークホワイトパール」の全3色が用意されている。

またインフォテインメントシステムとして、7インチタッチパネルで操作する「シボレーマイリンク(MyLink)」を採用。写真の表示や動画の再生、電話、スマートフォンとの連携などといった機能に加え、インターネットラジオ「TuneIn(チューンイン)」アプリを介して、世界10万局のラジオ局の番組や音楽を聞くことができるという。

このほかの2015年モデルの特徴は、以下の通り。
・フロントフォグランプを標準装備
・ドアミラーにウインカーランプを装備
・スポーツラインのみに設定されていたボディー同色のリアスポイラーを全グレードに採用
・ハロゲンヘッドランプにオートライト機能を追加
・アーティフィシャルレザーステアリングを採用
・ステアリングに電話やオーディオのコントロールスイッチを追加
・オーディオシステムのスピーカーの数を4個から6個へ変更
・運転席パワーウィンドウに、ワンタッチ(アップ/ダウン/挟み込み防止)機能を追加
・ボディーカラーを5色から4色へ変更

価格は「LT」が203万円、LXが209万円、スポーツラインが235万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ソニックシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • シボレーMW 1.3S FF(4AT)【試乗記】 2002.12.6 試乗記 シボレーMW 1.3S FF(4AT)
    ……148.7万円

    GMグループ内の同朋、「シボレー」と「スズキ」が手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」。ブラックアウトされた大きなグリルにボウタイマーク輝く「1.3S」はどんなクルマか? その魅力を探った。


  • シボレー・クルーズ1.5 LT 4WD(4AT)【ブリーフテスト】 2002.5.21 試乗記 ……180.3万円
    総合評価……★★




  • シボレー・クルーズ1.5 LT 2WD(4AT)【試乗記】 2001.12.22 試乗記 シボレー・クルーズ1.5 LT 2WD(4AT)……165.3万円

    GMとスズキが共同開発したミニSUV、「シボレークルーズ」。スズキ「スイフト」のパワートレインを持ち、デザインと足まわりはGMが担当した。鳴り物入りで登場した日米合作”シュビ−”に、しかし、『Car Graphic』編集委員の高平高輝は一言いいたい。


  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
ホームへ戻る