ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)

海外育ちのまじめなセダン 2014.12.15 試乗記 ホンダから久しぶりに5ナンバーサイズのセダンが登場した。「グレイス」の売りは、手ごろなサイズのボディーでありながら、アッパーミドルクラス並みの居住性が備わること。また、ハイブリッドパワーユニットを搭載し、34.4km/リッターという低燃費を実現したのも自慢だ。最上級の「HYBRID EX」グレードに試乗し、その「セダン力」を探った。

「フィット」とプラットフォームを共有

国内向け「シビック ハイブリッド」の生産を2010年12月に打ち切って以来、国内市場で200万円クラスの普及価格帯のセダンが不在だったホンダが、約4年ぶりに投入する新型セダンが「グレイス」だ。縮小が続いているとはいえ、4ドアセダン市場は国内市場480万台の約10分の1を占める。セダンとしては2013年6月に新型「アコード ハイブリッド」を発売し、また2015年1月には最上級セダン「レジェンド」を発売する予定とはいえ、アコード ハイブリッドは400万円クラス、レジェンドは700万円クラスの商品で、量販車種とは言いがたい。かつての「トルネオ」「インテグラ」「ドマーニ」といったセダンに乗っていたユーザーが乗り換えようと思っても、選択肢がない状態に、ようやく終止符が打たれたことになる。

グレイスは、1年前に発売したコンパクトSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の「ヴェゼル」と同様に、小型車「フィット」とプラットフォームを共有する兄弟車種である。本来なら、2014年の春ごろに発売する予定だったが、「フィット ハイブリッド」の度重なるリコールをきっかけとして、ホンダが発売前の新型車の品質再確認に踏み切ったため、2014年12月発売のヴェゼル以来、1年近くにわたって新型車の発売がないという状態が続いた。グレイスは、久しぶりの量販セダンというだけでなく、同社としては待ちに待った新型車でもある。

「グレイス」とは英語で「優美」「おもいやり」の意。「大切な人と過ごす時間を包み込む存在でありたい」という思いを込めたという。
「グレイス」とは英語で「優美」「おもいやり」の意。「大切な人と過ごす時間を包み込む存在でありたい」という思いを込めたという。
インパネはピアノブラックのパネル、シルバーの加飾、ソフトパッドなどを使用して上質感を表現している。また、センター部をドライバー側に傾けて操作性を向上させている。
インパネはピアノブラックのパネル、シルバーの加飾、ソフトパッドなどを使用して上質感を表現している。また、センター部をドライバー側に傾けて操作性を向上させている。
前席は背もたれの表層部ウレタンを厚くして座り心地を向上させた。「HYBRID EX」にはレザー調素材(プライムスムース)とファブリックのコンビシートが標準。本革も選べる。
前席は背もたれの表層部ウレタンを厚くして座り心地を向上させた。「HYBRID EX」にはレザー調素材(プライムスムース)とファブリックのコンビシートが標準。本革も選べる。
ボディーサイズは全長4440×全幅1695×全高1475mm。ホイールベースは「フィット」より70mm長い2600mm。
ボディーサイズは全長4440×全幅1695×全高1475mm。ホイールベースは「フィット」より70mm長い2600mm。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る