ホンダ・グレイス 開発者インタビュー

セダンは「いいクルマだね」と言ってもらえることが大事 2014.12.15 試乗記 本田技術研究所 四輪R&Dセンター
第10技術開発室 技術企画ブロック
主任研究員
広瀬敏和(ひろせ としかず)さん

ホンダが2014年12月1日に発売した新型セダン「グレイス」。開発責任者(LPL)を務めた本田技術研究所 四輪R&Dセンター 主任研究員の広瀬敏和氏に開発の狙いを聞いた。

「いいセダン」は日本もアジアも変わらない

――開発コンセプトから聞かせてください。

実は開発がスタートしたとき、日本は想定市場に入っていませんでした。東南アジアや中国、南米で販売しているコンパクトセダン「シティ」の全面改良版ということで開発がスタートしたのです。開発のスタートに当たって、さまざまな国のユーザーに会いました。国ごとにライフスタイルや所得水準は異なっても、ユーザーがシティに求めるものは共通していました。

――どんな部分が共通していたのですか。

ユーザーは、家族のため、友人のため、そしてその人自身が「いい買い物をしたね」と言ってもらうためにシティを買うのです。自分の成功をこのクルマで表現したいと考える、それぞれの国のトレンドセッターがシティを選んでくれています。彼ら、彼女らがクルマのどこを見ているかというと、まずはデザインです。かっこよくなければ振り向いてもらえません。そしてもちろん経済性や快適性が重要です。それも自分だけが快適であればいいというわけではなく、隣に座る人や、後ろに座る人にも快適に過ごしてもらいたいのです。インテリアで重視するのは、運転者がいつも見ているメーターではなく、エアコンやオーディオを操作するセンターパネルの部分です。ここは助手席からも後席からも目立ちます。こういうところを見て、ユーザーは「いいクルマだね」と言ってほしいのです。

――その後、日本市場へも導入することが決まりました。

日本で、どういうセダンが求められているのかを調査するために、まずはセダンユーザーの多い地方に行って、購買層の中心になる50~60歳代のユーザーの声を聞きました。すると、重視する点はアジアのユーザーと、根底では同じでした。家族や知り合いとどこかへ出掛けるためにいいクルマを買いたい。周りの人と一緒に、いい時間を過ごしたいという価値観です。スタイリッシュでかっこいいデザイン、燃費のいいハイブリッドであること、静かで快適であること、などを望む人が多くいらっしゃった。こうした調査を踏まえ、外観や内装のデザインは、基本的に国内と海外で共通にすることを決めました。

「グレイス」のコンセプトは「コンパクトセダンの革新」。5ナンバーボディーがもたらす扱いやすさと優れた燃費性能、広い室内、堂々としたスタイル、そして高い質感など、「セダン価値の全域進化」がうたわれる。
「グレイス」のコンセプトは「コンパクトセダンの革新」。5ナンバーボディーがもたらす扱いやすさと優れた燃費性能、広い室内、堂々としたスタイル、そして高い質感など、「セダン価値の全域進化」がうたわれる。
「グレイス」は日本以外のアジア諸国では「シティ」の名で販売されている。世界初公開は2013年11月。インドのニューデリーで世界初公開された。(写真=本田技研工業)
「グレイス」は日本以外のアジア諸国では「シティ」の名で販売されている。世界初公開は2013年11月。インドのニューデリーで世界初公開された。(写真=本田技研工業)

<プロフィール>
6代目「シビック」、3代目「アコードワゴン」をはじめ、多くのモデルのシート、インテリア設計を担当。1997年より5年間、ホンダR&Dアメリカで初代「MDX」などの北米向けモデルの設計開発に携わった。帰国後、2代目「フィット」や「フィット ハイブリッド」のインテリアPL(プロジェクト・リーダー)を担当し、今回「グレイス」のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー。主査に相当)に着任。趣味は自転車とD.I.Y.。


    <プロフィール>
    6代目「シビック」、3代目「アコードワゴン」をはじめ、多くのモデルのシート、インテリア設計を担当。1997年より5年間、ホンダR&Dアメリカで初代「MDX」などの北米向けモデルの設計開発に携わった。帰国後、2代目「フィット」や「フィット ハイブリッド」のインテリアPL(プロジェクト・リーダー)を担当し、今回「グレイス」のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー。主査に相当)に着任。趣味は自転車とD.I.Y.。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る