スバルの軽「ステラ」がフルモデルチェンジ

2014.12.12 自動車ニュース
「スバル・ステラG スマートアシスト」
「スバル・ステラG スマートアシスト」

スバルの軽乗用車「ステラ」がフルモデルチェンジ

富士重工業は2014年12月12日、軽乗用車「スバル・ステラ」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。

「スバル・ステラG スマートアシスト」のインテリア。
「スバル・ステラG スマートアシスト」のインテリア。
「スバル・ステラカスタムR スマートアシスト」
「スバル・ステラカスタムR スマートアシスト」
「スバル・ステラカスタムR スマートアシスト」のインテリア。
「スバル・ステラカスタムR スマートアシスト」のインテリア。

ステラは、富士重がダイハツからOEM供給を受けて販売しているハイトワゴン型の軽乗用車で、同じく12月12日に発売された「ムーヴ」の姉妹モデルにあたる。

FFの自然吸気モデルで31.0km/リッター(JC08モード)という燃費性能をはじめ、予防安全装備「スマートアシスト」へのAT誤後進抑制制御機能の追加、優れた操縦安定性や快適な乗り心地を実現するための、軽量高剛性ボディーの採用、アンダーボディーの補強、サスペンション特性の見直しなど、車両の基本的な特徴はおおむねムーヴと共通である。

一方外観は、専用デザインのグリルやバンパーなどを採用することで、ムーヴとの差別化が図られている。

ラインナップと価格は、「ステラ」では4WD車を含めた全12仕様が、113万4000~149万5800円で用意される。一方「ステラ カスタム」では、全8仕様、140万4000~171万7200円の設定となっている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る