スバルの軽「ステラ」がフルモデルチェンジ

2014.12.12 自動車ニュース
「スバル・ステラG スマートアシスト」
「スバル・ステラG スマートアシスト」

スバルの軽乗用車「ステラ」がフルモデルチェンジ

富士重工業は2014年12月12日、軽乗用車「スバル・ステラ」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。

「スバル・ステラG スマートアシスト」のインテリア。
「スバル・ステラG スマートアシスト」のインテリア。
「スバル・ステラカスタムR スマートアシスト」
「スバル・ステラカスタムR スマートアシスト」
「スバル・ステラカスタムR スマートアシスト」のインテリア。
「スバル・ステラカスタムR スマートアシスト」のインテリア。

ステラは、富士重がダイハツからOEM供給を受けて販売しているハイトワゴン型の軽乗用車で、同じく12月12日に発売された「ムーヴ」の姉妹モデルにあたる。

FFの自然吸気モデルで31.0km/リッター(JC08モード)という燃費性能をはじめ、予防安全装備「スマートアシスト」へのAT誤後進抑制制御機能の追加、優れた操縦安定性や快適な乗り心地を実現するための、軽量高剛性ボディーの採用、アンダーボディーの補強、サスペンション特性の見直しなど、車両の基本的な特徴はおおむねムーヴと共通である。

一方外観は、専用デザインのグリルやバンパーなどを採用することで、ムーヴとの差別化が図られている。

ラインナップと価格は、「ステラ」では4WD車を含めた全12仕様が、113万4000~149万5800円で用意される。一方「ステラ カスタム」では、全8仕様、140万4000~171万7200円の設定となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2011.7.12 試乗記 ……136万円
    総合評価……★★★

    ダイハツからのOEM車として生まれ変わった「スバル・ステラ」シリーズ。その中身にスバルらしさは感じられるのか? スポーティグレードに試乗し、確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)【試乗速報】 2006.6.27 試乗記 スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)
    ……110万4600円/152万2500円

    軽自動車のスタンダードとなったハイトワゴンが、ようやくスバルからも登場した。「ワゴンR」「ムーヴ」「ライフ」と強力なライバルが居並ぶ中で、「ステラ/ステラカスタム」が激戦区で戦うための武器とはいかなるものか。


  • スバル・ステラカスタムR(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2006.10.17 試乗記 ……132万3000円円
    総合評価……★★★★

    デザインを全面に押し出した「R1」「R2」で勝負に出たスバル。しかし市場の反応は芳しくなく、あわててスペースユーティリティ重視の「ステラ」を投入することになった。数多いライバルたちに勝てる実力はあるのか?


  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る