マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)/クアトロポルテ ディーゼル(FR/8AT)

刺激的にも優雅にも 2014.12.17 試乗記 100年にわたる歴史の中で初のディーゼルエンジンを搭載した「ギブリ」と「クアトロポルテ」。両モデルの試乗を通し、マセラティの未来を担うパワーユニットの実力を探った。

世界戦略のカギを握るエンジン

まずもって優れたレーシングカーコンストラクターであったこと、そしてプロダクションモデルにおいても半世紀以上にわたりスポーツ&ラグジュアリーカーを供し続けていること。
100年に及ぶマセラティの歴史は、ひもとけばこのような言葉で彩られる。

もちろん、そのどこにも「ディーゼル」というキーワードは現れない。彼らにとって史上初となるそのエンジンは、新世代のギブリとクアトロポルテの両方に搭載され、販売地域によっては4割以上の比率を占めるに至っているという。2015年に5万台を販売するメーカーへと飛躍するという、多くの人が訝(いぶか)しがった彼らのコミットメントは、まさに来年投入予定のSUV「レヴァンテ」によって達成される見通しがついてきた。そのレヴァンテにとっても必須ともなるディーゼルエンジンは、マセラティのビジネスにとってもはや欠くことのできないピースとなっている。
そして、それは海の向こうの出来事には終わらない。ポスト新長期規制をクリアする見込みが立ったそのエンジンを収めたギブリとクアトロポルテが、来年中に日本にも上陸する旨が先日発表された。

よもやマセラティのディーゼルに、この日本でも乗れることになろうとは……。天国の小林彰太郎さんや川上 完さんや徳大寺有恒さんはなんと仰せになるだろうか。もちろんマセラティの側とて、そうしたうるさ型に太鼓判を押されなければ、自らの名を冠する意味がないことは百も承知だろう。果たしてそこに「らしさ」はあるのか。先んじて試乗するチャンスを得た僕の興味も、そこに集中していた。

2013年4月の上海モーターショーで世界初公開された「マセラティ・ギブリ」。マセラティ史上初のディーゼルエンジンが設定されたモデルとなった。

内外装の仕様については、基本的にガソリンエンジンを搭載したベースグレードと共通となっている(写真はガソリンエンジン搭載車のもの)。

「ギブリ」と同じ3リッターV6ディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ・クアトロポルテ ディーゼル」。
現在のマセラティのラインナップ。この4車種に新型SUV「レヴァンテ」を加えた全5車種で、2015年には年間販売台数5万台の実現を目指す。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る