第271回:「魂動」をキリッと表現
「マツダCX-3」のチーフデザイナー、松田陽一氏に聞く

2014.12.16 エッセイ
LAオートショー2014で世界初公開された「マツダCX-3」。
LAオートショー2014で世界初公開された「マツダCX-3」。

一言で「魂動(こどう)」デザインといっても、その解釈はクルマごとに微妙に異なっている。ロサンゼルスオートショー2014(会期:2014年11月18日~11月30日)で公開された、マツダの新世代商品の第5弾「マツダCX-3」。そこに注ぎ込まれた生命感とはどのようなものだろうか。チーフデザイナーの松田陽一氏に聞いた。

マツダ デザイン本部の松田陽一チーフデザイナー。
マツダ デザイン本部の松田陽一チーフデザイナー。
同じ「魂動」デザインでも、その解釈はクルマによって少しずつ異なる。「CX-3」では凛々しさが表現されている。
同じ「魂動」デザインでも、その解釈はクルマによって少しずつ異なる。「CX-3」では凛々しさが表現されている。
「ソウルレッドプレミアムメタリック」(左)のほかに、研ぎ澄まされた金属感や緻密な硬質感を表現した新色「セラミックメタリック」(右)が登場した。
「ソウルレッドプレミアムメタリック」(左)のほかに、研ぎ澄まされた金属感や緻密な硬質感を表現した新色「セラミックメタリック」(右)が登場した。

ソリッドでシンプルに

――マツダのデザインテーマ「魂動」は、CX-3ではどのように表現されているのでしょうか。従来のモデルより直線的なラインで構成されているように見えます。

魂動デザインには「生命感」という共通テーマはありますが、表現手法については具体的なモチーフの規定はありません。例えば、新型「ロードスター」はエモーショナルで連続感のある立体造形を特徴としていますが、CX-3はその反対側の極にある生命感を表現しています。妖艶(ようえん)なものに対し、CX-3ではいわば凛々(りり)しさを表現しています。

――その凛々しさとは、具体的にどの辺に表れているのでしょうか

全体的にソリッドな塊感を表現し、加えてサーフェスは非常にシンプルな構成にしています。車両の前部から後輪にかけてのスピード感のある塊と、リアタイヤを中心とした量感のある塊、そしてキャビンの3つで構成して、無駄な要素はできるだけ省きました。また、それぞれの要素が交わる稜線(りょうせん)、つまりキャラクターラインですね、これは従来のモデル以上にシャープなものにして、緊張感のある表現を目指しました。

――Dピラーを黒く塗った狙いは?

これは魂動デザインとしてではなく、「個々のクルマにおける個別の表現」といったものです。小さいボディーサイズでありながら、クーペのような伸びやかな表現を目指しました。Dピラーを(ブラックアウトせずボディー同色にして)閉じてしまうと、クーペではなく、どうしてもハッチバックやワゴンの印象になってしまうのです。Dピラーを黒く塗ることで、前方から来る「勢い」を後方に流してしまおうとしています。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る