第271回:「魂動」をキリッと表現
「マツダCX-3」のチーフデザイナー、松田陽一氏に聞く

2014.12.16 エディターから一言
LAオートショー2014で世界初公開された「マツダCX-3」。
LAオートショー2014で世界初公開された「マツダCX-3」。

一言で「魂動(こどう)」デザインといっても、その解釈はクルマごとに微妙に異なっている。ロサンゼルスオートショー2014(会期:2014年11月18日~11月30日)で公開された、マツダの新世代商品の第5弾「マツダCX-3」。そこに注ぎ込まれた生命感とはどのようなものだろうか。チーフデザイナーの松田陽一氏に聞いた。

マツダ デザイン本部の松田陽一チーフデザイナー。
マツダ デザイン本部の松田陽一チーフデザイナー。
同じ「魂動」デザインでも、その解釈はクルマによって少しずつ異なる。「CX-3」では凛々しさが表現されている。
同じ「魂動」デザインでも、その解釈はクルマによって少しずつ異なる。「CX-3」では凛々しさが表現されている。
「ソウルレッドプレミアムメタリック」(左)のほかに、研ぎ澄まされた金属感や緻密な硬質感を表現した新色「セラミックメタリック」(右)が登場した。
「ソウルレッドプレミアムメタリック」(左)のほかに、研ぎ澄まされた金属感や緻密な硬質感を表現した新色「セラミックメタリック」(右)が登場した。

ソリッドでシンプルに

――マツダのデザインテーマ「魂動」は、CX-3ではどのように表現されているのでしょうか。従来のモデルより直線的なラインで構成されているように見えます。

魂動デザインには「生命感」という共通テーマはありますが、表現手法については具体的なモチーフの規定はありません。例えば、新型「ロードスター」はエモーショナルで連続感のある立体造形を特徴としていますが、CX-3はその反対側の極にある生命感を表現しています。妖艶(ようえん)なものに対し、CX-3ではいわば凛々(りり)しさを表現しています。

――その凛々しさとは、具体的にどの辺に表れているのでしょうか

全体的にソリッドな塊感を表現し、加えてサーフェスは非常にシンプルな構成にしています。車両の前部から後輪にかけてのスピード感のある塊と、リアタイヤを中心とした量感のある塊、そしてキャビンの3つで構成して、無駄な要素はできるだけ省きました。また、それぞれの要素が交わる稜線(りょうせん)、つまりキャラクターラインですね、これは従来のモデル以上にシャープなものにして、緊張感のある表現を目指しました。

――Dピラーを黒く塗った狙いは?

これは魂動デザインとしてではなく、「個々のクルマにおける個別の表現」といったものです。小さいボディーサイズでありながら、クーペのような伸びやかな表現を目指しました。Dピラーを(ブラックアウトせずボディー同色にして)閉じてしまうと、クーペではなく、どうしてもハッチバックやワゴンの印象になってしまうのです。Dピラーを黒く塗ることで、前方から来る「勢い」を後方に流してしまおうとしています。

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る