マツダ・デミオXD(FF/6AT)/デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6MT)

心がこもっている 2014.12.22 試乗記 日本のBセグメントハッチバックの定番、「トヨタ・アクア」と「ホンダ・フィット」の背後に、いよいよ新型「デミオ」がピタリと付いた。2014年11月の販売台数は約8900台。新車販売ランキングの第4位という健闘ぶりだ。ハイブリッドをラインナップに持つ「二強」にどこまで迫れるか。もう一度、デミオのディーゼルモデルに試乗する。

やはりディーゼルが人気

ちょっと前に行われた新型デミオの試乗会には某国営放送の密着カメラが入っていた。どうやらあの、『仕事の流儀』とかいう番組がパワートレインの開発担当役員を追いかけていたらしい。内心、今頃かいとも思ったが、遅まきながらとはいえわれわれのような自動車メディアだけでなく、巨大な一般メディアもマツダに注目しているのだから、何にせよ喜ばしいことである。その後デミオが今年のカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたことはご存じの通り。さらに初期受注も好調で、9月半ばの予約受付開始から1カ月あまりでおよそ2万台を受注したという。

それは少しも驚くには当たらない。何しろ新型デミオは今、一番まっとうで上質なコンパクトカーだからだ。しかもその中ではディーゼルモデルが6割以上を占めるという。発売直後は高いモデルから売れるというのが定説で、「アテンザ」の時も「アクセラ」の時もそのうち下がると見る人が多かったが、その後もディーゼル比率は高いままだった。どうやら今回もその予想は外れそうだ。デミオのディーゼルは約178万~220万円とコンパクトモデルとしては高価にもかかわらず(他社のハイブリッドと同レベル)、1.5リッタースカイアクティブ・ターボディーゼルを積んだモデルを選ぶ人が大半だということは、コンパクトカーでも値段だけで選ばれるわけではない、という当たり前の事実をあらためて知らしめている。

もちろん、サンダル代わりに使うから安いので十分というユーザーも多数いるし、その人たちの要求に応えることも必要だ。ただサンダルなのに、マラソンも山登りもできます、と強弁するのをそのまま受け入れるほど、今のユーザーは甘くない。サンダルを選ぶなら、サンダルに徹した車のほうがいいのは当然。過去最高益をたたき出すいっぽうで、自動車メーカー各社の国内販売台数が上向かず、軽自動車の比率が徐々に増え続けているのは消費税増税のせいだけではないように思う。

2014年9月11日に予約販売が開始され、10月26日時点で累計受注台数が1万9233台に達した。エンジン別ではガソリン車が37%、ディーゼル車が63%を占めた。
2014年9月11日に予約販売が開始され、10月26日時点で累計受注台数が1万9233台に達した。エンジン別ではガソリン車が37%、ディーゼル車が63%を占めた。
1.5リッター直4ディーゼルターボユニットは105psと25.5kgm(6ATの場合。6MTだと22.4kgm)を発生する。
1.5リッター直4ディーゼルターボユニットは105psと25.5kgm(6ATの場合。6MTだと22.4kgm)を発生する。
ディーゼルエンジン搭載のベースグレード「XD」のインテリアは、ブラックとネイビーのコーディネーションとなる。素材はクロス。
ディーゼルエンジン搭載のベースグレード「XD」のインテリアは、ブラックとネイビーのコーディネーションとなる。素材はクロス。
テスト車のボディーカラーはダイナミックブルーマイカ。
テスト車のボディーカラーはダイナミックブルーマイカ。
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダ・デミオ(後編) 2014.7.17 画像・写真 マツダが新型「デミオ」の生産を開始。それに伴い、写真を世界初公開した。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る