第270回:次世代のスタンダードを作りたい
「マツダCX-3」の開発主査、冨山道雄氏に聞く

2014.12.16 エッセイ
マツダの新世代商品の第5弾となる「マツダCX-3」。

SKYACTIV技術と「魂動(こどう)」デザインを全面的に採用した、マツダの新世代商品の第5弾「マツダCX-3」がロサンゼルスオートショー2014(会期:2014年11月18日~11月30日)で公開された。この新型コンパクトクロスオーバーSUVに込められた作り手の思いとは? 開発主査の冨山道雄氏に聞いた。

写真右から、マツダの小飼雅道社長兼CEO、商品本部の冨山道雄主査、デザイン本部の松田陽一チーフデザイナー。
「CX-3」の最大のマーケットは北米。次が欧州で、3番目に日本が来る見込み。
後席のヒップポイントは「デミオ」より27mm高められている。子供が後席に座ると、前席の両親と視線が合う高さを想定したという。

既存のジャンルにとらわれない新しいクルマ

――CX-3は、ジャンルとしては「CX-5」の弟分に見え、サイズとしては「デミオ」に近いものがあります。マツダのラインナップにおいて、どういう位置付けのクルマなのでしょうか。

CX-3はスカイアクティブ技術と魂動デザインを併せ持つ新世代商品群の、第5の商品です。デミオの兄貴分とかCX-5の弟分というポジションではなく、ジャンルを超えたクルマを作りたいという思いの中で、ゼロから自由に開発を行ってきました。ですから、マツダのラインナップを拡充するまったく新しいクルマという位置付けです。

――顧客に対してどのような価値を提供しようとしていますか。

次の時代のスタンダードを作りたいと考えています。これまでクルマの歴史の中で、セダン、ハッチバック、SUV、ミニバンといろいろな形が出てきました。しかしお客さまのライフスタイルがどんどん多様化しており、既存の形がだんだんそぐわなくなってきているように感じます。さまざまなライフスタイルにフィットするクルマを作りたい。そういう思いで開発してきました。洗練された上質なデザインと、考え抜かれたパッケージング、そして純粋なドライビング体験が楽しめること。これらを提供価値のキーとして、お客さまに訴求しようとしています。

――ターゲットカスタマーはどういった人たちですか。

創造的なライフスタイルを持っている若いカップルや、お子さまが1人のヤングファミリーを想定しています。そういった方々がより刺激的な移動体験ができるクルマを作ろうと考えました。一例を挙げると、後席のヒップポイントはデミオより27mmほど高い位置に設定しています。これはお子さまがリアシートに座った時に、前席のご両親とちょうど視線が合うようにという配慮から導き出された数値です。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る