ダーククロムが特徴の日産エクストレイル登場

2014.12.16 自動車ニュース
「日産エクストレイル20X ブラック エクストリーマーX “エマージェンシーブレーキ パッケージ”」
「日産エクストレイル20X ブラック エクストリーマーX “エマージェンシーブレーキ パッケージ”」

ダーククロムが特徴の「日産エクストレイル」登場

日産自動車は2014年12月16日、SUV「エクストレイル」に特別仕様車「ブラック エクストリーマーX」を設定し、2015年1月15日に発売すると発表した。

■ダークカラーの外装パーツで力強さを強調

エクストレイルの「エクストリーマーX」とは、フロントオーバーライダーやアンダーカバー、専用の大型フロントフォグランプ、アルミホイールなどでSUVらしい力強さを強調した、オーテックジャパンのカスタマイズモデルである。

今回の特別仕様車は、同車が装着するエクステリアパーツの色をダークカラーに変更するとともに、LEDヘッドランプやルーフレールなどを標準で採用したものである。

具体的な特別仕様車の装備内容は、以下の通り。
・専用ダーククロムフロントグリル
・専用ダークメタリックフロントアンダーカバー
・専用フロントオーバーライダー(ダーククロムフィニッシュ)
・専用大型フロントフォグランプ&専用ダークメタリックフォグランプフィニッシャー
・専用ダークメタリックサイドアンダーカバー
・専用ダークメタリックリアアンダーカバー(ダーククロムフィニッシュ)
・専用ブラックメタリック17インチアルミホイール
・マッドガード
・専用バックドアインナーフック(1個)
・LEDヘッドランプ
・ルーフレール

ボディーカラーは「ダイヤモンドブラック」「バーニングレッド」「ブリリアントホワイトパール」「チタニウムカーキ」の全4色。

ラインナップと価格は以下の通り。
・20X ブラック エクストリーマーX(2列シート車):281万3400円
・20X ブラック エクストリーマーX(3列シート車):288万5760円
・20X ブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(2列シート車):289万3320円
・20X ブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(3列シート車):296万5680円

「エクストレイル20GT S」


    「エクストレイル20GT S」

■クリーンディーゼル車のエントリーグレードを値下げ

また、現行モデルと併売を続けている先代エクストレイルのクリーンディーゼル車については、下位グレード「20GT S」「20GT S エクストリーマーX」の価格を改定。新価格での販売を開始した。

改定後の価格は以下の通り。
・20GT S(6MT):259万9560円
・20GT S(6AT):265万3560円
・20GT S エクストリーマーX(6MT):276万1560円
・20GT S エクストリーマーX(6AT):281万5560円

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る