レクサスRC300h“バージョンL”(FR/CVT)

口あたり良く、癖もなく 2014.12.29 試乗記 レクサスブランド待望のミドルクラスクーペ「RC」。わが国における一番人気のモデルは「RC300h」という。熟成を重ねるレクサス・ハイブリッド・ドライブは、“ラジカル・クーペ(RC)”の名にふさわしい走りをもたらすだろうか。最上級グレードの“バージョンL”に試乗した。

復活したクーペ

日本発のグローバル・プレミアムブランドを掲げて2005年に再スタートを切ったレクサスだが、実際には今も北米が一番大切な市場であることはご存じの通り。にもかかわらず、あちらで根強い人気を持つラグジュアリーなクーペはなぜかこのところラインナップされていなかった。9年前にレクサスブランドがリスタートした時には、V8エンジンを搭載した「レクサスSC430」という電動ハードトップ付きのぜいたくなクーペがあり、国内でもそれまでの「トヨタ・ソアラ」(4代目)にマイナーチェンジを加えた上で海外と同じ「SC430」としてあらためて発売された。SCはパフォーマンス志向というよりも、悠揚迫らぬ穏やかな走りっぷりが特徴のぜいたくなクーペであり、個人的にもそのまったりとした独特の雰囲気を気に入っていたのだが、そのSCも2010年に生産終了、それ以降ほぼ4年間、クーペ不在が続いていたのである。もちろん「LFA」も「IS C」も一応クーペではあったが、限定生産のスーパースポーツは別格だし、「IS」ベースのオープントップもプレミアムブランドを象徴するクーペとは言いがたかった。そこに登場したのが“ラジカル・クーペ”を意味するというRCである。

477psを誇る5リッターV8搭載のトップモデル「RC F」はさておき、ノーマル系RCは3.5リッターV6搭載の「350」とハイブリッドの「300h」の2本立てである。そのうちの主力車種と目されるのがハイブリッドの300h、実際、発売から約1カ月の受注状況を見ても350が約500台、300hが1200台とおよそ7割を占めている。ちなみにRC Fは900台という。これは月販目標台数に対しては何十倍(!)という数字になるらしいが、それよりも私が驚いたのはRCの月間計画台数が80台、RC Fを入れても110台にすぎないということだ。北米市場をメインとしているのは事実だろうが、全部足しても年に1500台足らずで計画達成というのだから、控えめというよりは何ともさびしい設定数である。

「RC」シリーズの発売日は2014年10月23日。発売後約1カ月(11月27日時点)における受注台数は、「RC300h」が約1200台、「RC350」が約500台だった。月販目標は2モデル合わせて80台。
「LFA」のイメージを継承したという、ユニークな三角形状のヘッドランプ。“バージョンL”では3眼フルLED式が標準で備わる。
インテリアのテーマは「スポーティネス&エレガンス」。前方がせり上がったセンターコンソールで適度な包まれ感を演出している。
リアビューも個性的。L字を形作るLEDリアコンビネーションランプと、エアアウトレットを思わせるバンパーコーナーの“ギミック”がリアに独特の表情を与えている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る