新型「トライアンフ・タイガー」予約受注開始

2014.12.18 自動車ニュース
「トライアンフ・タイガー800XCx」と、トライアンフモーターサイクルズジャパンの野田一夫 代表取締役社長(左)、ティム・ヒッチンス在日英国大使(右)。

新型「トライアンフ・タイガー」予約受注開始

トライアンフモーターサイクルズジャパンは2014年12月17日、新型「タイガー800」シリーズを発表し、予約受け付けを開始した。販売は2015年1月23日から。

「タイガー800XRx」(手前)と「タイガー800XCx」(奥)。
800ccの並列3気筒水冷エンジン。
「タイガー800XCx」の前輪まわり。サスペンションはWP製、ブレーキはNISSIN製となる。
「タイガー800XRx」
「タイガー800XCx」

■電子制御満載の上級グレードが登場

トライアンフ・タイガー800は、800ccの並列3気筒エンジンを搭載したアドベンチャーツアラーモデルである。

今回の新型は従来モデルからラインナップを拡大。よりオフロード向けの「XC」と、オンロードでの走行にも適した「XR」の2モデルに加え、それぞれに走行モードの切り替えシステム「ライディングモード」などを採用した上級グレード「XCx」「XRx」を設定している。

エンジンは「ライド・バイ・ワイヤー」と呼ばれる電子制御スロットルを採用した新開発の800cc並列水冷3気筒DOHC 4バルブで、最高出力は95ps/9250rpm、最大トルクは8.0kgm/7850rpmを発生。燃焼効率の改善やより緻密なエンジン温度の管理、排出ガス性能の改善、静粛性の向上、リニアでスムーズな出力特性などを実現しており、燃費も従来モデルの19.7km/リッターから23.1km/リッターに改善している。また6段のトランスミッションについては、一部にスーパースポーツモデル「デイトナ675」のパーツを流用することで、より精密なギアチェンジ操作を可能にしたという。

また、ライド・バイ・ワイヤーの採用によってスロットル・マップの調整も可能となっており、「レイン」「ロード」「スポーツ」「オフロード」の4種類のモードを設定している。このほかにも、全グレードに標準装備される「スイッチャブルトラクションコントロール」や、XCx、XRxに搭載される「スイッチャブルABSシステム」にも、「ロード」「オフロード」「オフ(作動停止)」の3つのモードを設定。ライディングモードを搭載したXCx、XRxでは、スイッチ操作一つでオンロード/オフロードに適した走行モードが呼び出せるようになったほか、ドライバーの任意で、約30通りの中から好みに合った走行モードのセッティングが可能となった。

XC、XCxではオフロード性能の向上も図っており、フロントには43mm倒立下フォーク(伸び側・圧側減衰調整機能付き)、リアには別体式リザーバータンク付きモノショック(プリロード・伸び側減衰調整機能付き)のホワイトパワー(WP)製サスペンションを採用。リアサスペンションのボディーにはダートプロテクターを装備している。

このほかにも、2ピース構造のステッチ入りシートや、エキゾーストカバー、チタニウムコートのフレームやハンドルバーを採用するなど、デザインやクオリティーについても配慮。ハンドルバー形状の見直しなどにより、操作性の改善も図っている。

価格は以下の通り。
・XR:129万9000円
・XRx:144万9000円
・XC:149万円
・XCx:164万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。