シトロエンC4ピカソ(FF/6AT)/グランドC4ピカソ(FF/6AT)

デザインは個性的に、走りは国際的に 2014.12.23 試乗記 フルモデルチェンジしたシトロエンのミニバン「C4ピカソ」が、いよいよわが国に上陸。箱根で試乗した。7人乗りの「グランドC4ピカソ」に加え、5人乗りの「C4ピカソ」もラインナップに加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。

2つのボディーラインナップに

4年前に『webCG』に書いた、いまは旧型になった「シトロエンC4ピカソ」の試乗記の中に、「日本でいちばん売れているシトロエン」という記述がある。でもピカソが売れているのはわが国だけではなかったようだ。
C4ピカソの先代にあたる1999年末登場の「クサラピカソ」、正規輸入されていない「C3ピカソ」を含めた全世界の累計販売台数は、2013年春時点で300万台に達しているからだ。日本ほどはミニバンが売れない国々がメインでこの数字、かなりの人気と見ていいだろう。

ヒット商品の次期型には潤沢な開発予算が投じられることが多い。中には「次も売れるだろう」と手抜きするプロダクトもあるけれど、それらはかなりの確率で売れなくなることを、実際に目にしてきている。ユーザーはそんなに甘くはないということだ。

本国と同じように、5シーターと7シーターの2つのボディーが販売されるようになり、呼び名も現地と同じで5シーターがC4ピカソ、7シーターがグランドC4ピカソとなった新型を見て、多くの人は「お金が掛かっているなあ」と思うだろう。
僕もそのひとり。ほぼ同じサイズの国産ミニバンとは段違いの仕立てであると、ひと目で分かる。なかでも驚かされたのは、単に長い短いの違いではなく、5シーターと7シーターで異なるデザインを与えたことだ。
正規輸入されなかった先代の5シーターも、リアオーバーハングを縮め、ゲートの傾斜を強め、コンビランプを7シーターと変えただけでなく、ウエストラインに段を付けたり、凝った差別化をしていたが、新型はそれ以上だった。

「C4ピカソ」は5人乗りで、「エクスクルーシブ」の1グレードのみとなる。
「グランドC4ピカソ」は7人乗り。テスト車の「 エクスクルーシブ」とエントリーグレードの「セダクション」がラインナップされる。
搭載されるエンジンは「C4ピカソ」「グランドC4ピカソ」ともに1.6リッター直4ターボエンジン。165psと24.5kgmを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4ピカソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る