クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(FR/6AT)

息づく野生馬のDNA 2014.12.23 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティーカー「フォード・マスタング」の新型が日本に上陸。6代目のギャロッピングホースがどんな走りを見せるのか、ダウンサイジングターボエンジンを搭載した限定モデルを試した。

まずは50周年記念の限定モデルから

1964年のデビューから50年目に登場した6代目マスタングには、5リッターV8、3.7リッターV6、そして新しい2.3リッター4気筒“エコブースト”の3つのエンジンがある。2015年後半に発売が予定されている日本仕様は、V8とエコブースト。ボディーは、クーペあらためファストバックとコンバーチブルが選べる。

今度のマスタングは、初めて海外市場に打って出るのが大きなニュースで、来る日本仕様は右ハンドルになる。だが、せっかく午年(うまどし)にモデルチェンジしたマスタングをそんな悠長に待っていられない(?)というファンのために、ひと足早く上陸するのが、この「50 YEARS EDITION」(465万円)である。

このクルマはファストバックボディーにエコブーストを搭載した左ハンドルの北米仕様ほぼそのもの。トランクリッドには大きなギャロッピングホースの50周年記念エンブレムが付く。限定350台のこれも発売は2015年春だが、米本国以外では世界最速のタイミングで開かれた試乗会で早速チョイ乗りをさせてもらった。試乗車はすべて空輸でお取り寄せ。ナンバーこそ付いているが、日本語版トリセツはまだできていない。

2013年12月に、世界6カ所で同時公開された6代目「フォード・マスタング」。初代のデビューは1964年4月17日なので、今年は「マスタング」の誕生50周年にあたる。
2013年12月に、世界6カ所で同時公開された6代目「フォード・マスタング」。初代のデビューは1964年4月17日なので、今年は「マスタング」の誕生50周年にあたる。
    拡大
「ツイン・アイブロウ」と呼ばれる左右対称のダッシュボード形状が特徴的なインテリア。「50 YEARS EDITION」のハンドル位置は左となる。
「ツイン・アイブロウ」と呼ばれる左右対称のダッシュボード形状が特徴的なインテリア。「50 YEARS EDITION」のハンドル位置は左となる。
    拡大
トランクリッドに備わる50周年記念エンブレム。
トランクリッドに備わる50周年記念エンブレム。
    拡大
注目の記事PR
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
注目の記事一覧へ

エコブーストのパワーに不足なし

新型マスタングの興味の焦点は、アメリカン・マッスルカーに4気筒はありか!? ということだろう。

チョイ乗り試乗の結論を言うと、パワーに不満はない。トーボードが深く、ペダルトラベル量の大きいアクセルを穏やかに踏む限り、ウズウズするような力感があるわけではない。だが、オープンロードに出て右足を深く踏み込めば、加速の迫力は十分だ。箱根ターンパイクの急坂でもDレンジのままグイグイ加速する。

パドルシフト付き6段ATに組み合わされる直噴2.3リッター4気筒DOHCターボは、最高出力314ps、最大トルクは44.3kgmを発生する。日本ではこの新型エコブーストが3.7リッターV6(309ps、38.7kgm)に取って代わるエンジンという位置づけだから、スペック的にも申し分ない。

ボア×ストローク=87.5×94.0mmというロングストロークユニットということもあり、特にシャープな回転フィールを持つわけではないが、6000rpm近くまで引っ張ると、V8エンジンのトップエンドみたいな音を発する。4気筒のダウンサイジングターボにも「マスタングサウンド」を吹き込んだという入念な音づくりの成果と思われる。

フォード初のツインスクロールターボを採用した、2.3リッター直4直噴ターボエンジン。「マスタング」と直4ターボの組み合わせは今回が初ではなく、1979年から1993年に販売された3代目のモデルに前例がある。
フォード初のツインスクロールターボを採用した、2.3リッター直4直噴ターボエンジン。「マスタング」と直4ターボの組み合わせは今回が初ではなく、1979年から1993年に販売された3代目のモデルに前例がある。
    拡大
フロントシートの調整機構は、スライドのみ電動式で、リクライニングは手動式。バックレストには50周年の記念ロゴがエンボス加工されている。
フロントシートの調整機構は、スライドのみ電動式で、リクライニングは手動式。バックレストには50周年の記念ロゴがエンボス加工されている。
    拡大
リアシートには、5:5の分割可倒機構が備わる。
リアシートには、5:5の分割可倒機構が備わる。
    拡大

気分はスティーブ・マックイーン?

足まわりはリアにマルチリンクを採用し、ついに四輪独立懸架になった。ロワーアームやナックルアームなどをアルミ化したことで、旧型のリジッドリアアクスルよりバネ下重量もかなり削減されたはずである。

日本向け新型マスタングには、工場オプションの「パフォーマンスパッケージ」が標準装備される。より加速重視型のファイナルレシオ、専用ラジエーター、シャシー関係では専用チューンのサスペンション、19インチホイール+255/40ZR19サイズのタイヤ、大径ブレーキローター&キャリパーなどがその内容だ。
この日はあいにくの雨。ピレリPゼロのランニングインがまだ不十分だったのか、けっこうテールハッピーである。

新型にはエンジン/変速機の制御、トラクションコントロールの介入度などが4段階に変わるドライブモード切り替えが付いた。今や一般的な機構だが、トグルスイッチで入力させるところがちょっとカッコイイ。
おもしろいのは、ミューの低い路面だと、ノーマルモードでもその場旋回のようなターンをやらせてくれることである。トラクションコントロールがかなり自由放任なのだ。だれでも「ブリットごっこ」ができる。これもマスタングのDNAか。

本文中の『ブリット』とは、1968年に公開されたアメリカの映画。刑事役のスティーブ・マックイーンが「フォード・マスタング」を駆り、サンフランシスコを舞台に映画史に残るカーチェイスを繰り広げた。
本文中の『ブリット』とは、1968年に公開されたアメリカの映画。刑事役のスティーブ・マックイーンが「フォード・マスタング」を駆り、サンフランシスコを舞台に映画史に残るカーチェイスを繰り広げた。
    拡大
タイヤサイズはフロント、リアともに255/40ZR19。「ピレリPゼロ」が装着されていた。
タイヤサイズはフロント、リアともに255/40ZR19。「ピレリPゼロ」が装着されていた。 拡大
イグニッションボタンの横に一列に並べられたトグルスイッチ。スロットルレスポンスやパワーステアリングのアシスト量、6段ATの制御などを調整できる。
イグニッションボタンの横に一列に並べられたトグルスイッチ。スロットルレスポンスやパワーステアリングのアシスト量、6段ATの制御などを調整できる。
    拡大

4気筒でもやっぱり「アメ車」

箱根から下り、高速道路を少し走ってみようと、西湘バイパスに寄り道した。時間がないので、最初の出口で降りると、なんと反対車線には入り口がなかった。時計とにらめっこをしながら、混んだ一般道を戻る。
そんな状況でも、マスタングは無用にドライバーをアセらせない。なぜかは知らぬが、「ま、いいじゃないの」的オーラを出して、人を癒やしてくれるのは、やはりアメリカ車である。高効率な4気筒エコブーストに変わっても、そこは変わらない。

試乗車の「コンペティションオレンジ」は30台の限定色。全長4.8m、全幅1.9m超の大柄なクーペボディーに凄味(すごみ)を与えるいい色だ。
新型はクーペの名前をやめて、初代モデルの呼称「ファストバック」を復活させた。オリジナルマスタングのデザインアイコンがインストールされた後ろ姿を見ていると、70年代の「トヨタ・セリカ リフトバック」にそっくりだなあと思った。もちろんセリカLBがマスタングのファストバックスタイルをいただいたわけだが。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=河野敦樹)

シフトパドルが装備された3スポークの本革巻きステアリング。先代モデルに装備されていた、シフトノブの変速スイッチは廃止された。
シフトパドルが装備された3スポークの本革巻きステアリング。先代モデルに装備されていた、シフトノブの変速スイッチは廃止された。
    拡大
(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
    拡大
「フォード・マスタング 50 YEARS EDITION」は2015年春に発売される予定。同年の2月1日まで予約が受け付けられる。
「フォード・マスタング 50 YEARS EDITION」は2015年春に発売される予定。同年の2月1日まで予約が受け付けられる。
    拡大

テスト車のデータ

フォード・マスタング 50 YEARS EDITION

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4790×1920×1380mm
ホイールベース:2720mm
車重:1660kg
駆動方式:FR
エンジン:2.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:314ps(231kW)/5500rpm
最大トルク:44.3kgm(434Nm)/3000rpm
タイヤ:(前)255/40ZR19 98Y/(後)255/40ZR19 98Y(ピレリPゼロ)
燃費:25MPG(約10.6km/リッター、EPA 複合モード)
価格:465万円/テスト車=470万6376円
オプション装備:メーカーオプションなし ※以下、販売店オプション ETC車載器(1万3392円)/フロアマット(4万2984円)
※燃費は本国仕様の参考値。

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:3345km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター
 

フォード・マスタング 50 YEARS EDITION
フォード・マスタング 50 YEARS EDITION 拡大

関連キーワード:
マスタングフォード試乗記

あなたにおすすめの記事