フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(FR/6AT)

息づく野生馬のDNA 2014.12.23 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティーカー「フォード・マスタング」の新型が日本に上陸。6代目のギャロッピングホースがどんな走りを見せるのか、ダウンサイジングターボエンジンを搭載した限定モデルを試した。

まずは50周年記念の限定モデルから

1964年のデビューから50年目に登場した6代目マスタングには、5リッターV8、3.7リッターV6、そして新しい2.3リッター4気筒“エコブースト”の3つのエンジンがある。2015年後半に発売が予定されている日本仕様は、V8とエコブースト。ボディーは、クーペあらためファストバックとコンバーチブルが選べる。

今度のマスタングは、初めて海外市場に打って出るのが大きなニュースで、来る日本仕様は右ハンドルになる。だが、せっかく午年(うまどし)にモデルチェンジしたマスタングをそんな悠長に待っていられない(?)というファンのために、ひと足早く上陸するのが、この「50 YEARS EDITION」(465万円)である。

このクルマはファストバックボディーにエコブーストを搭載した左ハンドルの北米仕様ほぼそのもの。トランクリッドには大きなギャロッピングホースの50周年記念エンブレムが付く。限定350台のこれも発売は2015年春だが、米本国以外では世界最速のタイミングで開かれた試乗会で早速チョイ乗りをさせてもらった。試乗車はすべて空輸でお取り寄せ。ナンバーこそ付いているが、日本語版トリセツはまだできていない。

2013年12月に、世界6カ所で同時公開された6代目「フォード・マスタング」。初代のデビューは1964年4月17日なので、今年は「マスタング」の誕生50周年にあたる。
2013年12月に、世界6カ所で同時公開された6代目「フォード・マスタング」。初代のデビューは1964年4月17日なので、今年は「マスタング」の誕生50周年にあたる。
「ツイン・アイブロウ」と呼ばれる左右対称のダッシュボード形状が特徴的なインテリア。「50 YEARS EDITION」のハンドル位置は左となる。
「ツイン・アイブロウ」と呼ばれる左右対称のダッシュボード形状が特徴的なインテリア。「50 YEARS EDITION」のハンドル位置は左となる。
トランクリッドに備わる50周年記念エンブレム。
トランクリッドに備わる50周年記念エンブレム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
ホームへ戻る