ボルボV70/XC70にスポーティーな特別仕様車

2014.12.18 自動車ニュース
「ボルボV70 T5 ダイナミックエディション」
「ボルボV70 T5 ダイナミックエディション」
    拡大

「ボルボV70/XC70」にスポーティーな特別仕様車

ボルボ・カー・ジャパンは2014年12月18日、ワゴン「V70」とクロスオーバー「XC70」に特別限定車「V70 T5 Dynamic Edition(ダイナミックエディション)」「XC70 T5 Dynamic Edition」を設定し、2014年12月18日に発売した。

 

今回のV70 T5 ダイナミックエディションは、新世代型の2リッター直4直噴ターボエンジンに8段ATを組み合わせる「V70 T5 SE」をベースとした、スポーティーな特別限定車。

エクステリアは、グロッシーブラック仕上げのルーフレールやウィンドウフレーム、フロントグリルリブ、テックマットブラック仕上げのロワインテーク、18インチの“Titania”ダイヤモンドカット/グロッシーブラックアルミホイールなどでドレスアップ。
ボディーカラーは、ブラックサファイヤメタリック、クリスタルホワイトパール、アイスホワイトの3色がラインナップされる。

インテリアも、オフブラックの本革にコントラストカラーステッチを施した専用シートや、アルミニウムパネル、イルミネーテッドシフトノブ(パーフォレーテッドレザー仕様)、本革巻き/シルクメタルのスポーツステアリングホイール(シフトパドル付き)、スポーツペダルなどを装備。
スポーツサスペンションも与えられる。

60台の限定で、価格は565万円。

「XC70 T5 ダイナミックエディション」
「XC70 T5 ダイナミックエディション」
    拡大

もう一台のXC70 T5 ダイナミックエディションも、新たな2リッター直4直噴ターボエンジンと8段ATを搭載。専用のスポーツサスペンションを装備する。

特別装備として、グロッシーブラック仕上げのルーフレールやトリム、ドアミラーカバー、18インチの“Freja”ダイヤモンドカット/グロッシーブラックスペシャルデザインアルミホイール、専用本革シート、アルミニウムパネル、スポーツペダルなどが与えられる。

ボディーカラーはブラックサファイヤメタリック、クリスタルホワイトパール、アイスホワイトの3色で、価格は585万円。こちらは100台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
XC70V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る