トヨタがマークX“GRMN”を100台限定で発売

2014.12.19 自動車ニュース
「マークX“GRMN”」(オプション装着車)。ボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャイン。
「マークX“GRMN”」(オプション装着車)。ボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャイン。

トヨタが「マークX“GRMN”」を100台限定で発売

トヨタ自動車は2014年12月18日、GAZOO Racingが開発したスポーツコンバージョン車「マークX“GRMN”」の注文を2015年3月1日から受け付けると発表した。100台限定で6月上旬に発売する。

「マークX“GRMN”」のリアビュー。
「マークX“GRMN”」のリアビュー。
「マークX“GRMN”」のインストゥルメントパネル。
「マークX“GRMN”」のインストゥルメントパネル。
表皮がウルトラスエードの専用フロントシートが装着される。
表皮がウルトラスエードの専用フロントシートが装着される。
CFRP製のルーフパネルや前後スポイラーを採用して軽量化を図っている。
CFRP製のルーフパネルや前後スポイラーを採用して軽量化を図っている。
「マークX 350S“G's”」(オプション装着車)。外板色は「マークX」特別仕様車“Yellow Label(イエローレーベル)”のものと同じアウェイクンイエロー。
「マークX 350S“G's”」(オプション装着車)。外板色は「マークX」特別仕様車“Yellow Label(イエローレーベル)”のものと同じアウェイクンイエロー。

■3.5リッターV6エンジンに6段MTの組み合わせ

車両のコンセプトは「大人のスポーツFRセダン」。一般道からサーキットまで、幅広いシーンで走りが楽しめるモデルとして開発した。

ベース車両は「マークX 350S」で、自然吸気の3.5リッターV6エンジン(321ps)に6段MTを組み合わせている。サスペンションには専用チューニングを施し、補強用ブレースやドアスタビライザーの追加によってボディー剛性を高めている。また、専用トルセンLSDや前後でサイズの異なるタイヤ(前:235/40R19、後ろ:255/35R19)を装着したほか、ブレーキ部品の軽量化を図り、“GRMN”ならではの「走りの味」を演出したという。

エクステリアは、フロントのバンパーやスポイラーを空力性能に配慮したデザインとしたほか、ライセンスガーニッシュをボディーと同色とし、サイドミラーカバーをブラックとするなど、スポーティーさを強調した。また、前後にGRMN専用エンブレムを採用し、個性を際立たせた。

インテリアは、6段MTの採用に合わせて専用デザインのシフトレバーを採用し、ペダル配置を変更したほか、サイドブレーキを手引き式とするなど、ドライバーが自らの操作でクルマを操る楽しさを追求した。また、専用スポーツシートの採用やステアリングの小径化などでスポーツドライビング時の操作性を向上させた。

内装色は黒を基調とし、インストゥルメントパネル・ガーニッシュやメーター周辺などにピアノブラック塗装を施して、シートやドアトリムなどにウルトラスエード表皮を採用した。さらに、専用コンビネーションメーター、GRMNのロゴ入りのエンジンスタートスイッチなどを装備し、特別感を与えた。車両価格は540万円。

同日発表された、アウェイクンイエローの外板色をまとった「マークX 350S“G's”」と「250G“Sパッケージ・G's”」とともに、東京オートサロン2015(会期:2015年1月9日~1月11日)に出展される予定。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る