ホンダのファンキーな軽、N-BOXスラッシュ登場

2014.12.22 自動車ニュース
「ホンダN-BOXスラッシュ」

ホンダのファンキーな軽乗用車「N-BOXスラッシュ」が登場

本田技研工業は2014年12月22日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」を発表。同日、販売を開始した。

 
量産化のきっかけになったというエクステリアデザイナーのスケッチ。

■キーワードは「ファンキー(=型破り)」

N-BOXスラッシュは、「N-BOX」をベースに開発されたハイトワゴンタイプの軽乗用車。アメリカンカスタムに範をとった個性的なスタイリングが特徴で、スーパーハイトワゴンのルーフをチョップして全高を下げるなど、徹底してデザインを重視した「型破りな」軽である。

開発コンセプトは「ファンキー・チョップトップ」。開発に際してはスタッフがアメリカに出張し、現地のカスタムビルダーの見学などを通して、本場のセンスやカスタムのあり方などを学んだという。

開発責任者の浅木泰昭氏いわく、ターゲットは「軽に自転車を積んだりしない、スライドドアを必要としない、ファッションや音に関心のある人」。ラインナップは「G」「G・Aパッケージ」「G・ターボAパッケージ」「X」「X・ターボパッケージ」の全5グレードで、それぞれにFF車と4WD車を用意している。

「プレミアムホワイト・パールII」と「レッド」の「2トーンカラースタイル」。
「N-BOXスラッシュ」のインストゥルメントパネルまわり。
「N-BOXスラッシュ」のシート。
「ダイナー スタイル」のインテリア。
「セッション スタイル」のインテリア。

■目指したのは「見た瞬間にストーリーを感じられるデザイン」

N-BOXスラッシュの内外装については、随所にファッションや音楽などといったライフスタイルを反映するモチーフをちりばめることで、「見た瞬間にストーリーを感じられるデザイン」を追求したという。

外観デザインのコンセプトは「BOXクーペ エクステリア」。ショルダーラインから上の高さを10cm切り詰めるとともに、リアに向かって緩やかに下降するルーフラインを採用。後端をはね上げたガラスエリアのデザインや、ブラックアウトされたBピラー、Cピラーに隠すように備えられたリアアウタードアハンドルなどとも併せ、箱型の車体でありながら2ドアクーペを思わせるスタイルを実現した。

またカスタムカーのテイストを表現するため、メッキ調のルーフレールやビレット調のピラーガーニッシュ、クロムメッキのフューエルリッドなど、各所に金属調のパーツを採用。足まわりにはローダウンサスペンションを装備しており、先述のチョップドルーフとも相まって、全高はベース車から11cm(4WD車では11.5cm)ダウンしている。

一方、「プライベートブース インテリア」を目指したという車内空間については、室内の長さやワイド感、包まれ感などを重視したデザインを採用。ビレット調のガーニッシュやシートと同素材を用いたドアライニングのソフトパッドなどで、ベース車のN-BOXと差別化を図っている。

ボディーカラーは全8色で、モノトーンに加えてルーフをブラック、ホワイト、レッドのいずれかで塗り分けたツートンカラーを設定。これらを合わせたカラーバリエーションは、全18種類となる。

また、オプションとして50~60年代のアメリカをイメージしたというデザインパッケージを設定。カリフォルニアの道路沿いにあるダイナーレストランをイメージしたという「ダイナー スタイル」、ハワイの海岸線の明るくさわやかな空気感を表現した「グライド スタイル」、ジャズやブルースが流れるライブハウスをモチーフにした「セッション スタイル」、50年代、60年代のアメリカの雑貨や家電などをイメージした「ブライトロッド スタイル」、ブラックを基調にベアメタル(金属むき出し)調のシルバー加飾で各部をコーディネートした「ストリートロッド スタイル」の5種類を用意している。

フロントドアのアルミドームツィーター。
運転席と助手席の間に備わる、バックロードホーン型サブウーファー。
バックロードホーン型サブウーファーは、シートの下で折り返す筒状のホーン部で、音を増幅させる。

■軽乗用車でもオーディオに妥協なし

上級グレードのX、X・ターボパッケージに採用されるサウンドマッピングシステムも同車のセリングポイントのひとつ。

このシステムは4つのケブラ―コーンスピーカー(17cm×2、12cm×2)と4つのアルミドームツィーター、サブウーファー、360WのMOS-FETパワーアンプを組み合わせたもので、N-BOXスラッシュに合わせ、0.1dB単位でのチューニングやスピーカーレイアウトの最適化を行ったという。また、軽乗用車の限られたスペースで迫力ある低音再生を実現するため、メガホン効果によって空気振動を増幅させるバックロードホーン型サブウーファーを運転席と助手席の間に装備。携帯オーディオなどを簡単に充電できるよう、「Qi(チー)」規格のワイヤレス充電器も用意している。

このほかにも、フロントフェンダーエンクロージャーの採用や、ダッシュボードインシュレーターの形状を変更することにより、静粛性を改善。サウンドマッピングシステム搭載車には、ルーフライニングインシュレーターやフロントドアホールシールも採用している。また、さらに音質にこだわるユーザーのために、ドアパネルやドアライニングなどの不要な振動を低減するデッドニングキット「ピュアサウンドブース」を開発。ディーラーオプションとして用意している。

リアシートには左右独立式の座面チップアップ機構とスライド調整機構、ダイブダウン機構を採用。シートアレンジを大幅に強化している。
「モード切替ステアリング」のスイッチ。ステアリングアシストの量を、「標準」と「軽い」の2つから選べる。
 

■シートアレンジがさらに充実

軽ハイトワゴンとしての機能性の改善も図っており、特にリアシートについては、左右独立式の座面チップアップ&ダイブダウン機構に加え、新たに調整幅190mmの前後スライド機構を採用した。

また、運転に関するものとしては、イグニッション・オフやアクセル・オンに連動して自動で作動、解除する電子制御式パーキングブレーキや、状況に応じてパワーステアリングのアシスト量を選択できる「モード切替ステアリング」を採用。ドライバーの負担軽減に配慮している。

パワーユニットは最高出力58psの自然吸気(NA)エンジンと64psのターボエンジンの2種類で、トランスミッションには共にCVTを搭載。インジェクターの改良やCVTサーモバルブの採用などにより、NAで25.8km/リッター、ターボで24.0km/リッターの燃費性能を実現している(ともにFF車、JC08モード)。またシャシーについては、リアフロアまわりの補強やサスペンションのセッティング調整、より径の大きなリアダンパーの採用などにより、操縦安定性と乗り心地を向上させたという。

ラインナップと価格は以下の通り。

・G(FF):138万円
・G(4WD):150万円
・G・Aパッケージ(FF):146万円
・G・Aパッケージ(4WD):158万円
・G・ターボAパッケージ(FF):159万円
・G・ターボAパッケージ(4WD):171万円
・X(FF):165万円
・X(4WD):177万円
・X・ターボパッケージ(FF):176万円
・X・ターボパッケージ(4WD):188万円
※Gを除く全グレードに、プラス5万9400円で2トーンカラースタイルの設定あり。

(webCG)

→新型「N-BOXスラッシュ」の詳細な写真はこちら(前編)
→新型「N-BOXスラッシュ」の詳細な写真はこちら(後編)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-BOXスラッシュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る