BMW X4 xDrive28i Mスポーツ(4WD/8AT)

連勝なるか!? 2014.12.24 試乗記 市場で成功をおさめた「X6」に続く、“スポーツ・アクティビティ・クーペ”「X4」とは、どんなクルマなのか? エントリーモデル「xDrive28i」の試乗を通じて、その素顔に迫った。

今までと違う“スポーツ”

望外に乗り心地がよい。まず、そのことに驚いた。東京・内神田にある『webCG』の駐車場から都道402号線に出るには、歩道を経なければならない。歩道と車道との間には段差がある。その段差を降りた、いわば第一歩こそ、ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、ひとつのクルマの印象を決めるには大きな飛躍である。

X4は段差を難なく通過し、走り始めると、静かで洗練されていて、力強い。タイヤは前245/45R19、後ろ275/40R19という巨大サイズを履いている。銘柄は「ミシュラン・プライマシー3」で、ランフラットではあるけれど、実は快適性と走行安定性の両立を狙ったフツウのサマータイヤである。特にSUV用ではない。そこにX4の立ち位置というものがある。

足まわりは「柔らかめ」という判断を私は下した。くどいようだが、そのことに驚いた。だって見た目はオフロード4×4のクーペで、速そうで、おまけに「Mスポーツ」である。過去の経験に照らせば、「Mスポ」はたいてい「硬い」。シャコタンにして、標準モデルより大きなタイヤを履く、というのが基本姿勢である。例えば、セダンの「328i Mスポーツ」は標準仕様より10mm全高が低い。

それが「X4 xDrive28i Mスポーツ」ときたら……、特に車高は低くなってもおらず、もちろんフニャフニャではないけれど、ストローク感があって、洗練されている。タイヤとホイールハウスの隙間が十二分にとれるSUV種であることが足まわりのチューニングの自由度につながっているのかもしれない。

日本では2014年8月に受注がスタートした「BMW X4」。今回は、スポーティーな仕立ての2リッターモデル「xDrive28i Mスポーツ」をテストした。
日本では2014年8月に受注がスタートした「BMW X4」。今回は、スポーティーな仕立ての2リッターモデル「xDrive28i Mスポーツ」をテストした。
「X4 xDrive28i Mスポーツ」には、19インチのアルミホイールが与えられる。
「X4 xDrive28i Mスポーツ」には、19インチのアルミホイールが与えられる。
インテリアの様子。ドライバーの方に向けられたセンターコンソールが特徴的。
インテリアの様子。ドライバーの方に向けられたセンターコンソールが特徴的。
大型のコントロールディスプレイには、カーナビのほか、各種の車両情報や運転支援システムの映像が表示される。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
大型のコントロールディスプレイには、カーナビのほか、各種の車両情報や運転支援システムの映像が表示される。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る