日産NV400(FF/6MT)

運転する楽しさがある 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。

全長5.6×全幅2.1mの大型ワゴン

NV400って何だ? と訝(いぶか)る人もいるだろう。顔はちょっと「NV200」に似ているけれども、この迫力はサイズだけのもんじゃない。おおらかでガイシャっぽい雰囲気はどこから醸し出されているんだろう? と思う人は感性の豊かな人だ。

実はこのクルマは欧州車で、車両の特装・特架を手がける老舗メーカー、トノックス(横浜市保土ヶ谷区)が輸入・販売する、特装車の架装などに使われる多目的なベース車両である。生産はスペインで行われ、商品企画はルノーと思われるが、輸入はフランスからではなく、右ハンドルを入れるために英国日産自動車から、というストーリーらしい。日本生産のいわゆる逆輸入車ではない。

ワンボックスとマイクロバスの中間的なミドルサイズボディーには、3人乗りと7人乗りの2つのモデルが用意されている。テスト車のシートレイアウトは2列で、写真のように前3人乗り、後ろ4人乗りとなっており、フルサイズのハイバックシートが横に4つ並んでいる光景は壮観だ。ただし実態は貨商車なので、リクライニングなどのシート調整機構はなく、表皮も簡素なもので済ませてある。

だが、この空間的な余裕は、他の大型ワゴンなどとは比較できないほど広大で、大家族のファミリーユースにも最適だ。4人が横に並んで話ができるという体験は、3列シート車とはまったく趣を異にする。その後方には子牛が運べるほどの大きな荷室がある。3人乗りの方は後席が備わらない分だけ、さらに荷室が大きく使える。

スリーサイズは全長5550×全幅2070×全高2480mmで、ホイールベースは3682mm。車両重量は2140kgに達する。この大きなボディーを引っ張るエンジンは2.3リッター直4ターボディーゼルで(日産とルノーが共同開発したボア85.0×ストローク101.3mmのM9T型)、125psと31.6kgmを発生する。なお、この車両は欧州の排出ガス規制「Euro5」適合にとどまるため、トノックスが日本に輸入後、グループのディーゼルエンジン排ガス対策のノウハウを用いて日本の排ガス規制をクリアさせているという。ギアボックスは6段MTまたは6段のセミオートマチックが組み合わされる。それをフロントに横置きして前輪を駆動する。

「日産NV400」はルノーの大型商用ワゴン「マスター」の兄弟車として2010年に発表された。欧州市場ではFFとFRがあり、全長は前者で3種、後者で2種用意されるなど、幅広い品ぞろえを誇る。試乗車は英国仕様のため、右ハンドルとなる。
「日産NV400」はルノーの大型商用ワゴン「マスター」の兄弟車として2010年に発表された。欧州市場ではFFとFRがあり、全長は前者で3種、後者で2種用意されるなど、幅広い品ぞろえを誇る。試乗車は英国仕様のため、右ハンドルとなる。
試乗車は7人定員仕様。シートは2列配置で、前列が3人掛け。
試乗車は7人定員仕様。シートは2列配置で、前列が3人掛け。
後列は4人掛け。シートは1脚ずつ独立しているが、リクライニングなどの調整はできない。また、乗員スペースとその後方の荷室は構造上隔離されており、室内から行き来することはできない。
後列は4人掛け。シートは1脚ずつ独立しているが、リクライニングなどの調整はできない。また、乗員スペースとその後方の荷室は構造上隔離されており、室内から行き来することはできない。
2.3リッターの直4ターボディーゼルエンジン(125ps)が搭載される。
2.3リッターの直4ターボディーゼルエンジン(125ps)が搭載される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。