ポルシェ・ケイマンGTS(MR/6MT)

精密な機械が生む快楽 2014.12.26 試乗記 ポルシェこだわりのミドシップスポーツカー「ケイマンGTS」に試乗。走りや乗り心地、デザインなど、最上級グレードならではの“味わい”を報告する。

名車の名前を継ぐモデル

試乗車を受け取って運転席に乗り込んだ瞬間、一瞬ではあるけれど「面倒くさいな」と思ってしまった。PDK仕様だと思い込んでいたのに、センターコンソールにはシルバーに輝く丸いシフトノブがあったのである。ちょっと前にかなり旧式の(でも新品の)MT車に乗ってシフトの渋さに閉口していたので、つい怠け心を起こしてしまったのだ。

しかし、もちろんそれは心得違いというもの。これはミドシップスポーツカーの「ポルシェ・ケイマン」であり、しかも「S」の上位に加えられたグレードの「GTS」なのだ。運転してみたらすぐに「MTでよかった!」と正反対の感想を持つことになった。GTSというのはGran Turismo Sportの略称で、1963年デビューの「904カレラGTS」に由来する。

904といえば、第2回日本グランプリで式場壮吉が乗り、生沢 徹の「プリンス・スカイラインGT」と名勝負を繰り広げたマシンだ。かつては「924」や「928」にもGTSの名は与えられていて、2007年に「カイエン」で復活し、「911」や「パナメーラ」にも導入されている。サーキットでの戦闘力と日常の使い勝手の良さを兼ね備えたモデルという意味が込められた称号なのだ。

エンジンは、「ケイマンS」用の3.4リッターをベースに、バリオカム・プラスのチューニングなどを見直している。これにより最高出力が15psプラスの340ps/7400rpm、最大トルクは1.0kgmプラスの38.7kgm/4750-5800rpmとなった。パワーウェイトレシオは1psあたり4kgを切る3.95kg/psで、最高速は285km/hに達する。これはMT仕様の数字で、PDK仕様だと283km/hと若干落ちる。ただ、0-100km加速だとMTが4.9秒、PDKが4.8秒と逆転する。SPORT PLUSモードでは4.6秒とさらに速くなり、人間の腕では機械変速にかなわない。

バックドアの後端には、ブラックの車名ロゴが添えられる。
バックドアの後端には、ブラックの車名ロゴが添えられる。
インテリアの造形は、「ケイマン」「ボクスター」の他モデルと基本的に変わらない。ハンドル位置は、左右から選べる。
インテリアの造形は、「ケイマン」「ボクスター」の他モデルと基本的に変わらない。ハンドル位置は、左右から選べる。
赤く塗られたタコメーター。「GTS」のドレスアップは、ブラックとレッドのコントラストがポイントだ。
赤く塗られたタコメーター。「GTS」のドレスアップは、ブラックとレッドのコントラストがポイントだ。
細身のセンターコンソールには、カップホルダーがひとつ。「ケイマンGTS」には、今回テストした6段MT車のほか、7段AT(PDK)車もラインナップされる。
細身のセンターコンソールには、カップホルダーがひとつ。「ケイマンGTS」には、今回テストした6段MT車のほか、7段AT(PDK)車もラインナップされる。
「ケイマンGTS」のMT車が0-100km/h加速に要する時間は、4.9秒。ベースモデル「ケイマンS」のMT車に比べ、0.1秒速くなる。
「ケイマンGTS」のMT車が0-100km/h加速に要する時間は、4.9秒。ベースモデル「ケイマンS」のMT車に比べ、0.1秒速くなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
ホームへ戻る