BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)

保守派も納得? 2014.12.25 試乗記 BMWがSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)と呼ぶ、クーペルックSUVの元祖「X6」。フルモデルチェンジを受け2世代目となった新型の実力をサーキットで確かめた。

BMWの“稼ぎ頭”

こんなことを告白するのは自動車ライターとして致命的かもしれないが、私の自動車の好みはどちらかといえばコンサバティブで、これまでなかったジャンルのクルマに出会うと、それを正当に評価できるようになるまで長い時間がかかる傾向がある。たとえば、レザーシートを使った軽自動車なんてものは言語道断だし、SUVだってその良さを素直に認められるようになるまでにはずいぶん時間を要した。

もっとも、SUVなどはすでに消費され尽くされたジャンルで、いまや派生車種が次から次へと登場していることはご存じのとおり。そうした“新ジャンルSUV”のなかで、最も成功しているモデルのひとつがBMWのX6である。
いや、BMW自身はそもそもSUVなんて言葉を使わず、SAV(スポーツ・アクティビティー・ビークル)と呼んでいる。そしてX6はSAVのクーペ版なのでSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)という呼び方を用いる。

そんなジャンル名に関する蘊蓄(うんちく)はさておいても、X6はたしかによく売れているようだ。たとえば2014年の1月から9月までの統計を見てみると、X6はグローバルで2万3000台強を売り上げた。これは「X5」の10万5000台弱に比べれば4分の1にも満たない数字だが、「6シリーズ」の1万8233台を20%以上も上回っている。つまり、6シリーズという本物のクーペよりも、クーペルックなSUVであるX6のほうがよく売れているのだ。しかも、6シリーズには2ドアクーペ、4ドアクーペ、2ドアカブリオレの3タイプがあるのに対して、X6のボディーは1種類のみ。おまけにX6はX5よりぜいたくな位置づけだから、売価もX6のほうが少しずつ高い。

こうした事実は、X6がBMWに効率よく利益をもたらす“稼ぎ頭”であることを意味している。ちなみに、2008年の発売以来、X6の累計販売台数は25万台を超す。そこで、ベースモデルというべきX5が2013年に3世代目へとモデルチェンジしたのを機に、X6も第2世代に生まれ変わったという次第である。

日本に導入される「X6」はテスト車の「xDrive50i」と「xDrive35i」との2グレード。それぞれに標準モデルと「Mスポーツ」が設定される。
日本に導入される「X6」はテスト車の「xDrive50i」と「xDrive35i」との2グレード。それぞれに標準モデルと「Mスポーツ」が設定される。
ダッシュボード中央には10.2インチのディスプレイが備わる。
ダッシュボード中央には10.2インチのディスプレイが備わる。

BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【試乗記】 2014.12.25 試乗記 BMWがSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)と呼ぶ、クーペルックSUVの元祖「X6」。フルモデルチェンジを受け2世代目となった新型の実力をサーキットで確かめた。
  • 新型「BMW X6」を写真で紹介 2014.6.10 画像・写真 BMWのクロスオーバーモデル「X6」が2代目に。新型の姿を写真で紹介する。
  • BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【海外試乗記】 2014.11.14 試乗記 「SUV+クーペ」という大胆なコンセプトを持つ「BMW X6」が初のフルモデルチェンジを受けた。従来よりじわりと大胆、かつ躍動的なスタイリングに生まれ変わった新型。その存在感は先代モデルを超えたか? X6の生まれ故郷、アメリカはスパータンバーグからの第一報。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
ホームへ戻る