プジョー508、大幅改良でフロントマスク一新

2014.12.22 自動車ニュース
「プジョー508」
「プジョー508」

「プジョー508」大幅改良でフロントマスク一新

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年12月19日、マイナーチェンジを実施し、スタイルと装備を新たにした「プジョー508/508SW」を、2015年1月10日に発売すると発表した。

「508SW」
「508SW」
インストゥルメントパネルに備えられた7インチタッチスクリーン。
インストゥルメントパネルに備えられた7インチタッチスクリーン。
「グリフ」のナッパレザーシート。
「グリフ」のナッパレザーシート。

■新しいデザインのフロントマスクを採用

今回のマイナーチェンジでは、フロント周りのデザインを変更。ライオンエンブレムを中央に備えた新しい意匠のフロントグリルや、LEDヘッドライトを採用した。これにより、従来モデルより15mmオーバーハングが長くなっている。

また、セダンではリアまわりのデザインについても手を加えており、リアコンビネーションランプには「ライオンの爪痕」を表した3本のLEDポジションランプを採用。プロテクション機能を重視したというバンパーや、デュアルエギゾーストを模したクロムの装飾も特徴となっている。なお、これに伴ってセダンのリアオーバーハングは25mm長くなり、全長がワゴンモデルの「SW」と同じになった。

装備の強化も図っており、インテリアでは新たに7インチのタッチスクリーンを搭載。バックアイカメラの映像やカーナビゲーションシステム、Bluetooth通信、オーディオなどの操作をここに統合した。このほかにも、バックアイカメラを全車に、ブラインドスポットモニターシステムを上級グレードの「グリフ」に標準装備としたほか、グリフには「ブラック」と「コイーバ」の2色のナッパレザーシートを採用。運転席アクティブランバーサポートやポジションメモリー機能、ウェルカム機能なども新たに追加した。

1.6リッター直4直噴ターボエンジン。従来モデルより最高出力が9ps、燃費が28%向上している。


	1.6リッター直4直噴ターボエンジン。従来モデルより最高出力が9ps、燃費が28%向上している。
 
プジョー508、大幅改良でフロントマスク一新の画像

■エンジンの改良により燃費とパワーを改善

パワーユニットは従来モデルと同じ1.6リッター直4直噴ターボエンジンだが、新開発の燃料噴射システムを採用することで燃費と出力を同時に改善。200バールの高圧で燃料を噴射することで、均一な混合気による燃焼を実現し、最高出力を165psに、燃費を13.6km/リッター(JC08モード)に向上させた。

これに組み合わせるトランスミッションには、フリクションの低減やハイギアード化などの改良を施した第3世代の6段ATを採用。これは新型「308」にも搭載しているもので、スムーズでダイレクトなシフトフィーリングを実現したという。また、アイドリングストップ機構を標準装備している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・508アリュール:365万円
・508グリフ:425万円
・508SW アリュール:390万円
・508SW グリフ:453万円

(webCG)
 

関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る