第379回:ボルボがモーターショー出展を3都市に集約 他メーカーへの影響は?

2014.12.26 エッセイ

ジュネーブ、デトロイト、中国のみに

スウェーデンのボルボ・カー・グループは2014年12月15日、今後の世界的マーケティング政策について発表した。
「ボルボ・ウェイ・トゥ・マーケット」と名付けられたこの政策には、ボルボ車のオンライン販売強化などが示されている。オンライン販売は、すでに2014年9月に1927台の限定車「ボルボXC90 スペシャルエディション」で開始されている。

加えて、モーターショー出展について、今後段階的に欧州、北米、アジアの3地域で、それぞれ毎年1回に集約するとしている。
ボルボは「モーターショーは限られた期間のなかで、数々のメーカーが他社よりもより人々の注意を引こうと努める、極めて伝統的なイベント」と分析。そのいっぽうで、「ブランド、製品、そしてイノベーションを、顧客や報道陣に公開する必要は認識しているが、ショーが最善の方法とは考えていない」と説明する。

ボルボは、順次ショー出展を減らしてゆき、最終的にはジュネーブ、デトロイト、そして北京/上海の各ショーのみにする計画だ。

2014年9月のパリモーターショーのボルボブース。
2014年9月のパリモーターショーのボルボブース。
「ボルボ・コンセプト・エステート」。2014年3月のジュネーブショーで。
「ボルボ・コンセプト・エステート」。2014年3月のジュネーブショーで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。