第1回:最新モデルを“通”はこう見る

作りのよさが伝わってくる 2014.12.24 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T5 R-DESIGN(FF/8AT)

日本デビューから1年半を経て、新たなパワートレインを得た「ボルボV40 T5 R-DESIGN」。それで走りはどう変わったのか? 日ごろ〝変更前のV40”に乗っている、モータージャーナリスト 桂 伸一さんに印象を聞いた。

出だしから「変わった」

イヤーモデルという言葉を聞いたことがある方も多いと思う。ヨーロッパの自動車メーカーの多くが、年次ごとの改良を施しているのだ。したがって特にマイナーチェンジと銘打たなくとも、2014年モデルと2015年モデルとの間には違いが生じる。
ボルボV40シリーズの2015年モデルも、前年のモデルから実効的な改良を受けた。中でも大きく変わったのがT5で、エンジンとトランスミッションがそっくり変わっている。

では、V40シリーズのT5はどのように変わったか? 変化の度合いを最も的確に評価できるジャーナリストが、桂 伸一さんだ。なぜなら桂さんは、2014年に「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」をご自身で購入しているからだ。
箱根のワインディングロードと周辺の高速道路で、2015年モデルのボルボV40 T5 R-DESIGNとご自身のV40クロスカントリー T5 AWDを乗り比べ、両者の違いを解説していただいた。

新装なったボルボV40 T5 R-DESIGNのステアリングホイールを握りエンジンを始動、アクセルペダルを踏み込んで発進してわずか数秒、桂さんが「うーん」とうなった。
「いやぁ、出足がかなり軽くなりましたね。アクセルペダルをそれほど踏み込まなくても、すーっと前に出る感じがします」というのが桂さんのファーストインプレッションだ。

ここで解説を加えると、ボルボV40シリーズのT5はこれまで2リッターの直列5気筒ターボエンジンと6段ATを搭載していた。2015年モデルからは2リッターの直列4気筒直噴ターボエンジンと8段ATの組み合わせとなった。「Drive-E」と呼ばれる、ボルボの新世代パワートレインである。

従来の5気筒ターボの最高出力は213ps/6000rpm、最大トルクが30.6kgm/2700-5000rpm。対して、新しい4気筒直噴ターボはそれぞれ245ps/5500rpmと35.7kgm/1500-4800rpmと、パワー、トルクともに向上している。
ただし出足が軽くなったのは、エンジンだけの手柄ではないというのが桂さんの見立てだ。

「ボルボV40」のスポーティーグレードである「T5 R-DESIGN」。4気筒ターボエンジンを搭載する最新型は、日本では2014年11月に発売された。
「ボルボV40」のスポーティーグレードである「T5 R-DESIGN」。4気筒ターボエンジンを搭載する最新型は、日本では2014年11月に発売された。
 
第1回:最新モデルを“通”はこう見るの画像
新しい4気筒の「T5」を試す、モータージャーナリストの桂 伸一さん。プライベートでは、5気筒エンジンを搭載する「V40クロスカントリー T5 AWD」に乗る。
新しい4気筒の「T5」を試す、モータージャーナリストの桂 伸一さん。プライベートでは、5気筒エンジンを搭載する「V40クロスカントリー T5 AWD」に乗る。
これまでに比べ、最高出力と最大トルクが増大したパワーユニット。一方で、燃費も14%改善されている。
これまでに比べ、最高出力と最大トルクが増大したパワーユニット。一方で、燃費も14%改善されている。
桂 伸一(かつら しんいち)
1959年生まれのモータージャーナリスト。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌での編集職を経て、自動車評論の仕事に携わる。ニュルブルクリンク24時間など、レースにおける活躍でも知られる。
桂 伸一(かつら しんいち)
	1959年生まれのモータージャーナリスト。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌での編集職を経て、自動車評論の仕事に携わる。ニュルブルクリンク24時間など、レースにおける活躍でも知られる。
関連記事
  • ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車 2017.1.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、スポーティーな装備を特徴とする特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る