「ルーテシア」に直3ターボ&5MTの新グレード

2014.12.25 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア ゼン」(0.9リッター直3ターボエンジン、5段MT搭載車)
「ルノー・ルーテシア ゼン」(0.9リッター直3ターボエンジン、5段MT搭載車)
    拡大

「ルノー・ルーテシア」に直3ターボ&5MTの新グレード登場

ルノー・ジャポンは2014年12月25日、5ドアハッチバック車「ルーテシア」に0.9リッターターボエンジンと5段MTを搭載した「ゼン」を設定し、2015年1月8日に発売すると発表した。

これまでルーテシアのパワーユニットには、高性能スポーツモデルの「ルノースポール」を除くと、「インテンス」「ゼン」「アクティフ」ともに1.2リッター直噴直4ターボエンジンと6段デュアルクラッチ式ATの組み合わせのみが採用されていた。

今回の新グレードは、最高出力90ps、最大トルク13.8kgmを発生する0.9リッター直噴直3ターボエンジンと5段MTを搭載したもので、既存のアクティフに代わる新しいエントリーグレードとして設定。1.2リッター車のゼンとは異なり、エクステリアにはインテンスと同じブリリアントブラックの加飾パーツとクロムメッキフィニッシャー、16インチのブラックアロイホイールを装備している。

価格は208万円。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る