VWの「ゴルフ」シリーズに充実装備の特別仕様車

2014.12.24 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」

フォルクスワーゲンが「ゴルフ」シリーズに充実装備の特別仕様車を設定

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年12月22日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」を設定し、2015年1月3日に発売すると発表した。

「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン プレミアムエディション」
「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン プレミアムエディション」
「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン プレミアムエディション」のインテリア。
「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン プレミアムエディション」のインテリア。
フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”
フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”
「スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”」のイメージ図。
「スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”」のイメージ図。
専用16インチアルミホイール+205/55R16タイヤ
専用16インチアルミホイール+205/55R16タイヤ

今回の特別仕様車は、両モデルの「TSIコンフォートライン」をベースに、通常は設定がない、もしくは有償オプションとして用意される機能・装備を標準で採用したものである。

具体的な特別装備の内容は、以下の通り。

ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション
・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”(ITSスポット対応システム車載器+ETC機能付き)
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール、ヘッドライトウオッシャー付き)
・スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”
・専用16インチアルミホイール+205/55R16タイヤ

ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン プレミアムエディション
・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”(ITSスポット対応システム車載器+ETC機能付き)
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール、ヘッドライトウオッシャー付き)
・スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”
・専用16インチアルミホイール+205/55R16タイヤ
・アダプティブクルーズコントロール“ACC”
・レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール機能、シフトパドル付き)

ボディーカラーのバリエーションと販売台数は以下の通り。

ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション
・オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト:300台
・ディープブラックパールエフェクト:400台
・タングステンシルバーメタリック:400台
・パシフィックブルーメタリック:40台

ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン プレミアムエディション
・オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト:250台
・ディープブラックパールエフェクト:250台

このうち、オリックスホワイト マザーオブパールエフェクトは通常は上級グレード「TSIハイライン」のみに用意されているカラーで、6万4800円の有償オプションとして設定される。

価格はゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディションが303万円、ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン プレミアムエディションが305万円。

(webCG)
 

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る