ダイハツ・コペンに走りを強化した上級グレード

2014.12.24 自動車ニュース
「ダイハツ・コペン ローブS」

ダイハツが「コペン」に走りを強化した上級グレードを設定

ダイハツ工業は2014年12月24日、軽オープンスポーツカー「コペン」に新グレード「ローブS」を設定し、販売を開始した。

「ローブS」のインテリア。
MOMO製革巻きステアリングホイール
ビルシュタイン製ショックアブソーバー
BBS製鍛造16インチアルミホイール

ローブSは、初代コペンの「アルティメットエディション」と同様の位置づけにあたる上級グレードである。より正確な操舵(そうだ)と、より引き締まった上質な乗り心地の両立をめざし、従来車で好評を得ていた装備を採用している。

具体的には、同車専用設計のビルシュタイン製ショックアブソーバーや、スエード調生地を使用したレカロシート、MOMO製の革巻きステアリングホイールを標準で採用。シートには内装色に合わせ、ブラックとベージュの2色を用意している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・シフトパドル(CVT車)
・レカロシート
・MOMO製革巻きステアリングホイール
・ビルシュタイン製ショックアブソーバー(リアオーナメント付き)
・マルチリフレクターハロゲンフォグランプ
・メッキ加飾(ドアインナーハンドル、サイドブレーキボタン、エアコンレジスターノブ)

またメーカーオプションとして、専用デザインのBBS製鍛造16インチアルミホイールを設定している。

価格はCVT車が199万8000円、5MT車が201万9600円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン ローブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る