ダイハツ・コペンに走りを強化した上級グレード

2014.12.24 自動車ニュース
「ダイハツ・コペン ローブS」
「ダイハツ・コペン ローブS」

ダイハツが「コペン」に走りを強化した上級グレードを設定

ダイハツ工業は2014年12月24日、軽オープンスポーツカー「コペン」に新グレード「ローブS」を設定し、販売を開始した。

「ローブS」のインテリア。
「ローブS」のインテリア。
MOMO製革巻きステアリングホイール
MOMO製革巻きステアリングホイール
ビルシュタイン製ショックアブソーバー
ビルシュタイン製ショックアブソーバー
BBS製鍛造16インチアルミホイール
BBS製鍛造16インチアルミホイール

ローブSは、初代コペンの「アルティメットエディション」と同様の位置づけにあたる上級グレードである。より正確な操舵(そうだ)と、より引き締まった上質な乗り心地の両立をめざし、従来車で好評を得ていた装備を採用している。

具体的には、同車専用設計のビルシュタイン製ショックアブソーバーや、スエード調生地を使用したレカロシート、MOMO製の革巻きステアリングホイールを標準で採用。シートには内装色に合わせ、ブラックとベージュの2色を用意している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・シフトパドル(CVT車)
・レカロシート
・MOMO製革巻きステアリングホイール
・ビルシュタイン製ショックアブソーバー(リアオーナメント付き)
・マルチリフレクターハロゲンフォグランプ
・メッキ加飾(ドアインナーハンドル、サイドブレーキボタン、エアコンレジスターノブ)

またメーカーオプションとして、専用デザインのBBS製鍛造16インチアルミホイールを設定している。

価格はCVT車が199万8000円、5MT車が201万9600円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン ローブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン エクスプレイ(FF/5MT)【試乗記】 2015.5.19 試乗記 個性的なエクステリアデザインで“新ジャンル感”を追求したという、ダイハツのオープン軽「コペン エクスプレイ」。5段MTモデルで、その素顔に迫った。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る