ポルシェ・マカン(4WD/7AT)

「余裕」で売れてる 2015.01.07 試乗記 2リッター直4ターボエンジンを搭載した「ポルシェ・マカン」のエントリーグレードに試乗。ポルシェの最新SUVの基本性能を計った。

したたかな商品戦略

日本でポルシェ・マカンがお披露目されたのは2014年11月。国際的な情報公開やマーケティング、予約受付は6気筒エンジンを搭載する「マカンS」「マカンターボ」が先行したものの、実質的な日本上陸は、4気筒の素の「マカン」を含めた3機種が同時となった。

ポルシェ自身がマカンを「カテゴリー唯一のスポーツカー」と表現する理由は、なによりこれがポルシェであることに加えて、マカンの海外試乗記で河村康彦さんも書いていたように全高が「カイエン」より圧倒的に低いことによるのだろう。ただ、1625mmというマカンの全高がカテゴリー内でひとり低いわけではない。スリーサイズは「BMW X4」に酷似しているし、全高だけでいえば「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」もほぼ同等である。

ポルシェ自身がおおっぴらに公言することはないが、マカンの骨格は「アウディQ5」をベースにした設計といわれる。で、今回の“素マカン”に積まれる2リッター4気筒ターボエンジンは、フォルクスワーゲン/アウディ系のパワーアップ版といっていい。
「911」などの本格スポーツカーではいまだに絶対不可侵の純血を守りつつも、「パナメーラ」やカイエン、マカンではグループ内の技術資産を巧妙に活用して利益を出す。こうしたビジネスモデルこそが、ポルシェの強みである。その強い経営基盤のもとで、スポーツカーの技術開発やモータースポーツ活動をさらに推進して、それがポルシェの威光をさらに確固たるものとして、結果的にSUVがまた売れる……と。

とはいえ、今回のように骨格もエンジンも……となれば、一部ファナティックの間では「ポルシェよ、お前もか?」という声もあるかもしれない。

内装色は「ブラック」「ルクソールベージュ」「アゲートグレー」(写真)の3色から選択可能。テスト車にはオプションのパーシャルレザーシート+レザーパッケージが採用されていた。
内装色は「ブラック」「ルクソールベージュ」「アゲートグレー」(写真)の3色から選択可能。テスト車にはオプションのパーシャルレザーシート+レザーパッケージが採用されていた。
前席には電動調整機構が標準で装わる。オプションでシートポジションの14ウェイのメモリー機能や、サイドサポートが強化されたアダプティブスポーツシートが用意されている。
前席には電動調整機構が標準で装わる。オプションでシートポジションの14ウェイのメモリー機能や、サイドサポートが強化されたアダプティブスポーツシートが用意されている。
後席は3:2:3の3分割可倒式。前席に加え、後席にもオプションでシートヒーターの設定がある。
後席は3:2:3の3分割可倒式。前席に加え、後席にもオプションでシートヒーターの設定がある。

ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 特集 ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.27 試乗記 新型「ポルシェ・パナメーラ」に、プラグインハイブリッドモデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が追加された。2世代目となり、4WDの駆動システムを得た同モデルに南アフリカで試乗。電動化に見るポルシェのこだわりに触れた。
ホームへ戻る