スバル・レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)

円熟の進化 2015.01.05 試乗記 6代目となり、先代よりさらにひとまわり大きくなった「スバル・レガシィ」。セダンの上級グレード「B4リミテッド」に試乗し、どのような変化を遂げたのか確かめた。

セダンとしてのキャラクターを確立

サイズが大きくなり、外観も大きくつり上がったヘッドライトの採用など挑発的になったことで賛否両論を巻き起こした先代「レガシィ」だが、結果を振り返ってみれば、もちろん大ブームとなった初代や2代目ほどではないにしても、十分に成功だったと言っていい。デザインはともかくサイズは、周囲のライバルとの比較では決して大き過ぎるというほどではなく、むしろレガシィをずっと乗り継いでそれなりの年齢に達した人にとっては、その余裕がちょうど良いとすら感じさせたようである。否定的な意見は、日本よりもアメリカを向いてのクルマづくりに対する嫉妬心的な部分もあったんじゃないか、とは今になって思うことである。

そのアメリカでは先代レガシィ、まさに空前の大ヒットとなったものだから、新型がその路線を踏襲し、また進化させてきたのも当然といえる。ボディーは更なるサイズアップが図られ、日本では主力だった「ツーリングワゴン」は廃止されて、ラインナップはセダンの「B4」と「アウトバック」だけになってしまった。日本ではアウトバック、従来はせいぜい1割を占めるだけだったにもかかわらずだ。個人的には、不満な人は「レヴォーグ」をどうぞという売り方はずいぶん不遜なものだなと思うけれども……。

ではB4はどう進化したのか。そもそも日本での販売はそれほどの台数ではなかっただけに、念頭にあったのは、やはりこちらも北米市場のはずである。具体的に狙いとして定められたのは、「トヨタ・カムリ」や「ホンダ・アコード」といったベストセラーと同じ土俵で戦うこと。そのためにもツーリングワゴンからの派生ではなく、セダンとして確固としたキャラクターを立たせることが、これまで以上に意識されたのは間違いない。


「レガシィB4」のボディーサイズは従来型に対し全長で50mm、全幅で60mm拡大している。
インテリアではダッシュボードにソフトパッドを採用したり、アームレストのクッションを厚くするなど、質感のアップが図られている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る