三菱デリカD:5に充実装備の「シャモニー」登場

2014.12.25 自動車ニュース
「三菱デリカD:5シャモニー」
「三菱デリカD:5シャモニー」

「三菱デリカD:5」に充実装備の特別仕様車「シャモニー」が登場

三菱自動車は2014年12月25日、3列ミニバン「デリカD:5」に特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を設定し、2015年2月16日に発売すると発表した。

 
三菱デリカD:5に充実装備の「シャモニー」登場の画像

今回の特別仕様車は、2.3リッターディーゼルエンジンを搭載した「D-Power package(8人乗り)」をベースに、カーナビゲーションシステムや運転席パワーシートなどを標準で採用したものである。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション「MMCS」
・運転席パワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)
・メッキのアウタードアハンドルおよびウインカー付き電動リモコンドアミラー
・「CHAMONIX」エンブレム(テールゲート)
・本木目&本革巻きステアリングホイール
・木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウインドウスイッチ)
・リラックスルームイルミネーション(ホワイト天井照明)

ボディーカラーは、ツートンカラーが「ウォームホワイトパール/クールシルバーメタリック」「クールシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック」の2種類、モノトーンが「ウォームホワイトパール」「ダイヤモンドブラックマイカ」の2種類で、いずれもインテリアカラーにはブラックを組み合わせている。

価格は378万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デリカD:5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る