トヨタ・プリウスαに走りを磨いた「G's」登場

2014.12.25 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスα S“ツーリングセレクション・G's”」

「トヨタ・プリウスα」に走りを磨いた「G's」が登場

トヨタ自動車は2014年12月22日、「プリウスα(アルファ)」にGAZOO Racingが手掛けたスポーツコンバージョン車「G SPORTS(G's)」を設定し、2015年2月23日に発売すると発表した。

G'sとは「意のままに操れる」ハンドリング性能を目標に、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したスポーツモデルである。

具体的には「S“ツーリングセレクション”」をベースに、専用のスポーツサスペンションを採用することで全高を約15mmダウンさせたほか、床下の剛性アップや空力パーツの装着により、上質でスポーティーな走りを実現したという。

具体的な装備の内容は以下の通り。
・アルミホイール(ハイグロスブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは225/45R18)
・チューニングサスペンション
・剛性アップパーツ・空力パーツ
・フロントバンパー&ラジエーターグリル(ダークメッキ加飾/黒艶塗装)
・LEDイルミネーションビーム
・マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
・本革巻き4本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
・パワースイッチ(レッド/「G's」ロゴ付き)
・フロントスポーティーシート(「G's」エンブレム付き)
・センターレジスター&センタークラスター&ドアスイッチベース(ラメ入りピアノブラック塗装)
・助手席側インストゥルメントパネル(シルバーダブルステッチ+クロムメッキモール+「G's」ロゴ付きメッキレバー)
・センターメータ-(専用初期画面+タコメーター)

価格は以下の通り。
・S“ツーリングセレクション・G's”(5人乗り):329万2037円
・S“ツーリングセレクション・G's”(7人乗り):349万7237円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスαの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る