トヨタ、「ハリアーG's」を2015年1月に発売

2014.12.25 自動車ニュース
「トヨタ・ハリアー エレガンス“G's”」
「トヨタ・ハリアー エレガンス“G's”」

「トヨタ・ハリアー“G's”」が2015年1月にデビュー

トヨタ自動車は2014年12月22日、SUV「ハリアー」にGAZOO Racingが手掛けたスポーツコンバージョン車「G SPORTS(G's)」を設定し、2015年1月30日に発売すると発表した。

G'sとは「意のままに操れる」ハンドリング性能を目標に、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したスポーツモデルである。

今回のハリアーでは、ガソリン車の「エレガンス」をベースに、全高を約35mmダウンさせる専用スポーツサスペンションを装備。床下への補強パーツの採用やスポット溶接打点の追加などによるボディー剛性の向上のほか、ブレーキにG's専用キャリパー(フロント)や高ミューのパッドを用いることで、制動力を向上させ、スポーティーで安心感のある走りを実現したという。

また、専用デザインのバンパーやグリル、専用スポーツシート、ダークメッキ調塗装の加飾パーツなどにより、内外装でもベース車との差別化を図っている。

具体的な装備の内容は、以下の通り。
・アルミホイール(ブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは235/50R19)
・チューニングサスペンション
・剛性アップパーツ
・アッパーグリル(メッキ加飾+黒艶塗装)
・フロントバンパー&ラジエーターグリル
・LEDイルミネーションビーム
・リアバンパー
・マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
・本革巻き3本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
・エンジンスイッチ(レッド/「G's」ロゴ付き)
・フロントスポーティーシート(「G's」エンブレム+シルバーダブルステッチ)
・インストゥルメントパネル&ドアトリム(ダークメッキ調塗装+シルバーステッチ)

価格は、FF車が329万1055円、4WD車が348万5455円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”【試乗記】 2015.3.20 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、デザイン、機能性、快適性、そして走りと、あらゆる領域で一段と腕を上げた「マツダCX-5」。ステアリングを握る者を走りへと誘う“ドライバーズSUV”としての資質も同時に高まったのだろうか。このカテゴリーのベストセラーカー「トヨタ・ハリアー」と比較してみた。
ホームへ戻る