三菱が「ミラージュ」に1.2リッター車を追加

2014.12.26 自動車ニュース
「三菱ミラージュ1.2G」
「三菱ミラージュ1.2G」

三菱が「ミラージュ」に1.2リッターの新グレードを追加

三菱自動車は2014年12月25日、コンパクトカー「ミラージュ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

■1.2リッターエンジンを搭載した新たな上級グレード

今回の改良では、新グレードとして「1.2G」を追加設定した。同車は既存の上級グレード「G」をベースに、アイドリングストップ機構付きの1.2リッター直列3気筒エンジンを搭載したもので、最高出力は78ps、最大トルクは10.2kgm、燃費は25.0km/リッター(JC08モード)となっている。また、同グレードの登場にともない、1リッター車の上級グレードについては、名称をGから「1.0G」に変更した。

機能・装備の強化も図っており、エクステリアでは可倒式ショートアンテナを全車に採用したほか、サイドターンランプ付きドアミラーを1.0Gに標準装備、「M」「S」に寒冷地仕様とのセットでオプション設定した。
一方インテリアでは、1.0Gのステアリングホイールとシフトノブを本革巻きとしたほか、これまでGのみに採用していたメーターリングやエアコン吹き出し口などのシルバーアクセントを、M、Sにも採用。1.0GとMでは、エアコンパネルの加飾をクロムメッキ化するとともに、パワーウィンドウスイッチパネルとシフトパネルを新たにピアノブラック調とした。

収納関係では、運転席インパネアンダートレイを新たに設定するとともに、1.0GとMではコンソールトレイを大型化。コンソールトレイ内には、USBケーブルなどの取り出し口を設けた。このほかにも、エンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステム、イモビライザー、オートライトコントロールを、1.0Gに加えてMにも標準で採用。廉価グレードのSには、一部の装備を省くことでより価格を抑える「ビジネス向けパッケージ」をオプション設定した。

なお、1.2Gの装備はおおむね1.0Gに準じたものだが、1.2Gではフロントフォグランプが標準装備であったり、ひとまわり大きな15インチのホイールを装着していたり、フロントの足まわりにスタビライザーを備えていたりと、各所で差別化が図られている。

ボディーカラーは新色の「チタニウムグレーメタリック」を含む全8色。ラインナップと価格は以下の通り。

・S:118万8000円(「ビジネス向けパッケージ」を選択した場合は113万1840円)
・M:131万7600円
・1.0G:138万240円
・1.2G:144万5040円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る