三菱が「ミラージュ」に1.2リッター車を追加

2014.12.26 自動車ニュース
「三菱ミラージュ1.2G」
「三菱ミラージュ1.2G」

三菱が「ミラージュ」に1.2リッターの新グレードを追加

三菱自動車は2014年12月25日、コンパクトカー「ミラージュ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

■1.2リッターエンジンを搭載した新たな上級グレード

今回の改良では、新グレードとして「1.2G」を追加設定した。同車は既存の上級グレード「G」をベースに、アイドリングストップ機構付きの1.2リッター直列3気筒エンジンを搭載したもので、最高出力は78ps、最大トルクは10.2kgm、燃費は25.0km/リッター(JC08モード)となっている。また、同グレードの登場にともない、1リッター車の上級グレードについては、名称をGから「1.0G」に変更した。

機能・装備の強化も図っており、エクステリアでは可倒式ショートアンテナを全車に採用したほか、サイドターンランプ付きドアミラーを1.0Gに標準装備、「M」「S」に寒冷地仕様とのセットでオプション設定した。
一方インテリアでは、1.0Gのステアリングホイールとシフトノブを本革巻きとしたほか、これまでGのみに採用していたメーターリングやエアコン吹き出し口などのシルバーアクセントを、M、Sにも採用。1.0GとMでは、エアコンパネルの加飾をクロムメッキ化するとともに、パワーウィンドウスイッチパネルとシフトパネルを新たにピアノブラック調とした。

収納関係では、運転席インパネアンダートレイを新たに設定するとともに、1.0GとMではコンソールトレイを大型化。コンソールトレイ内には、USBケーブルなどの取り出し口を設けた。このほかにも、エンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステム、イモビライザー、オートライトコントロールを、1.0Gに加えてMにも標準で採用。廉価グレードのSには、一部の装備を省くことでより価格を抑える「ビジネス向けパッケージ」をオプション設定した。

なお、1.2Gの装備はおおむね1.0Gに準じたものだが、1.2Gではフロントフォグランプが標準装備であったり、ひとまわり大きな15インチのホイールを装着していたり、フロントの足まわりにスタビライザーを備えていたりと、各所で差別化が図られている。

ボディーカラーは新色の「チタニウムグレーメタリック」を含む全8色。ラインナップと価格は以下の通り。

・S:118万8000円(「ビジネス向けパッケージ」を選択した場合は113万1840円)
・M:131万7600円
・1.0G:138万240円
・1.2G:144万5040円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る