第89回:ロシア、メキシコの娯楽作から感動実話まで
冬休みに観たいクルマ映画DVD

2014.12.27 エッセイ

ロシア製ナイトライダーは空を飛ぶ

『ナイトライダー』というと、ナイト2000こと人工知能を持った「ポンティアック・トランザム」が活躍するTVシリーズを思い出すかもしれない。しかし、あれはKnight Riderで、この映画はNight Rider。ロシア産のSF映画である。

それにしてもダサいタイトルを付けたものだが、ロシア語の原題を見たら “黒い稲妻”だったからこれでもまだマシになったほうである。主人公のディマ(グレゴリー・ドブリギン)は貧乏学生で、面白くもない日常を過ごしている。超かわいい新入生のナスティヤに心引かれるが、彼女は「メルセデス・ベンツCクラス」に乗る金持ちの友人になびいてしまう。

落ち込むディマだが、父親が誕生日プレゼントにクルマを買ってくれた。しかし、それは今や誰も乗らない旧ソ連時代の「ヴォルガ」だった。がっかりしながらも運転していると、ボログルマが突然空を飛ぶ。このクルマには冷戦下で研究が進められていた極秘テクノロジーが組み込まれていたのだ。

ヴォルガでモスクワの空を飛び回っていると、彼はたびたび悪事の現場に遭遇する。悪者どもに制裁を加えて正義を行う彼は“黒い稲妻”と呼ばれ、人々から英雄視される。しかし、彼は悪の組織から狙われるようになり……。お気づきのように、ストーリーはまんま『スパイダーマン』である。

それでも結構楽しめる作品に仕上がっていたのは、いつもアメリカの青年の悩みばかりを見せられていたのに対し、ロシアのさまざまな事情は新鮮に感じられたからかもしれない。ヴォルガなんて、ほとんど見たことないし。拾い物は、ナスティヤ役のエカテリーナ・ヴィルコワちゃん。正統派ロシア美人というのは震えるほどいい、ということを再確認した。

『ナイトライダー』DVD
『ナイトライダー』DVD
「ヴォルガ」
戦前にフォードベースの乗用車やトラックを製造していたGAZ(ゴーリキー自動車工場)が、1950年代になって発売した中型セダン。西欧のモデルと比べると見劣りがしたが、ソ連の庶民にとっては憧れのクルマだった。
「ヴォルガ」
    戦前にフォードベースの乗用車やトラックを製造していたGAZ(ゴーリキー自動車工場)が、1950年代になって発売した中型セダン。西欧のモデルと比べると見劣りがしたが、ソ連の庶民にとっては憧れのクルマだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。