第19回:男らしさとゲイっぽさは紙一重!? 
SUVとクロスオーバーの近くて遠い差って一体ナンだ!

2014.12.27 エッセイ

乱立するクロスオーバーを総括せよ!

久々にクルマシモネタ!? じゃなかったクルマにまつわる深すぎる人間の性について話し合っちゃいましたよ。テーマは「SUVとクロスオーバーの近くて遠い差」で、語り部は今、大躍進中のマツダSKYACTIV戦略の一番バッター「CX-5」の開発主査、大塚正志サン。この方、いたずらっぽい瞳の少年のような方で、先日の商品改良試乗会でも、プレゼン時から独特の物言いが面白かった。

以下、CX-5の改良テーマでもある「SUVらしさ」について突っ込んだ時のことだ。

小沢:先ほどから大塚さんが言ってる「SUVらしさ」ってなんなんでしょう?

大塚:小沢さん。SUVとクロスオーバーって全然違うんですよ。日本じゃ明確にジャンル分けされてなくても、アメリカで「SUV」と呼ばれるか、「クロスオーバー」と呼ばれるかには明確なディテールの差があり、この違いを分かってるか分かってないかで(販売)台数が大きく変わってくる。

なるほど。最近乱立するこの手のクルマ、どこからがSUVで、どこからがクロスオーバーかの境界線が見えにくくなっている。例えばメルセデス・ベンツは「GLAクラス」をプレゼンで「世界一美しいSUV」と言ってたけど、あれがホントにSUVなのか? 判断が難しいところだ。

大塚:分かりやすいところではボディーのタテヨコ比とか絶対的車高が判断基準ですけど、意外と大切なのがタイヤとホイールハウスのスキ間で、あれがある程度ないとSUVに見えない。それからフェンダーモールです。あれが樹脂っぽいか黒いつや消しなのか、太いか細いかでも結構違う。実は記号性の塊なんです。

不肖小沢(右)と、今回お話を聞いたマツダの商品本部、主査の大塚正志さん(左)。
不肖小沢(右)と、今回お話を聞いたマツダの商品本部、主査の大塚正志さん(左)。
「SKYACTIV」と呼ばれる新世代技術を総動員して開発され、2012年にデビューした「マツダCX-5」。
「SKYACTIV」と呼ばれる新世代技術を総動員して開発され、2012年にデビューした「マツダCX-5」。
「Aクラス」などにも採用されるFF車用プラットフォームを使って開発された「メルセデス・ベンツGLAクラス」。こうして見ると、確かにSUVのような、ハッチバックのような……。
「Aクラス」などにも採用されるFF車用プラットフォームを使って開発された「メルセデス・ベンツGLAクラス」。こうして見ると、確かにSUVのような、ハッチバックのような……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』