フォルクスワーゲングループ燃料電池車試乗会:フォルクスワーゲン・パサート ハイモーション(FF)/アウディA7スポーツバック h-tronクワトロ(4WD)

FCVは突然に 2015.01.06 試乗記 「トヨタ・ミライ」を追うかのように、ロサンゼルスオートショー(LAショー)にフォルクスワーゲングループの燃料電池車(FCV)が突如として現れた。FCVの時代が本格的に始まろうとしているのだろうか。米国ロサンゼルスの公道で2台のFCVに試乗して考えた。

LAショーで参入を表明

先日、とある同業者の集まりでFCVの今後に関する話題が出た。このとき参加した皆さんはどうやら水素を主要なエネルギー源とする時代がやってくると信じて疑わない様子だったが、果たして本当にそうだろうか? なるほど、去る11月にはトヨタとホンダが相次いでFCVを発表し、日本では水素時代の到来が秒読み段階に入っているようにも感じられるが、世界的に見ると、FCVの商品化を精力的に進めているのはこの2社だけといえなくもない。あとはホンダと共同で次世代燃料電池システムの開発に乗り出しているアメリカのGMくらいで、それ以外でFCVを商品化すると明言している自動車メーカーはなきに等しい。わが国におけるフィーバーぶり(古い?)と比較すると、大きな温度差があるといわざるを得ない。

そうしたなか、フォルクスワーゲンとアウディがLAショーで新開発のFCVを公開し、一部メディア関係者を対象に試乗会を催したことは画期的な出来事だった。なにしろ、年間1000万台規模を生産する自動車メーカーないしグループは世界中探してもトヨタ、GM、フォルクスワーゲンの3つだけ。今回、フォルクスワーゲンが名乗りを上げたことで、その3メーカーがそろってFCVに前向きな姿勢を示したことになる。しかも、彼らは日本(アジア)、アメリカ、ヨーロッパを代表するメーカーでもある。この3大メーカーが本気を出せば、各国の行政も後押しせざるを得ない状況が生まれるかもしれない。フォルクスワーゲンがFCVを試作したことには、それくらい大きな意味があるのだ。

フォルクスワーゲンのFCV「パサート ハイモーション」は、北米向け「パサート」がベース。カリフォルニア州の公道で走行テストが行われている。
フォルクスワーゲンのFCV「パサート ハイモーション」は、北米向け「パサート」がベース。カリフォルニア州の公道で走行テストが行われている。
アウディのFCV「A7スポーツバック h-tronクワトロ」。電気自動車やプラグインハイブリッド車が「e-tron」、天然ガス車が「g-tron」であるのに対し、燃料電池車は「h-tron」と呼ばれる。
アウディのFCV「A7スポーツバック h-tronクワトロ」。電気自動車やプラグインハイブリッド車が「e-tron」、天然ガス車が「g-tron」であるのに対し、燃料電池車は「h-tron」と呼ばれる。

フォルクスワーゲングループ燃料電池車試乗会【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る