マツダ、軽乗用車「キャロル」を全面改良

2014.12.26 自動車ニュース
「マツダ・キャロルGS」
「マツダ・キャロルGS」
    拡大

マツダ、軽乗用車「キャロル」をフルモデルチェンジ

マツダは2014年12月25日、軽乗用車「キャロル」をフルモデルチェンジし、2015年1月30日に発売すると発表した。

キャロルは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売している、ハッチバックタイプの軽乗用車であり、「スズキ・アルト」の姉妹モデルに当たる。

今回の新型についても、角張ったスタイリングや最高で37.0km/リッター(JC08モード)という燃費性能、2040mmに拡大した室内長などは、ひと足早く2014年12月22日に発表・発売された8代目スズキ・アルトと共通だ。

ただしグレード構成は大きく異なり、アルトにラインナップされる商用モデルやシングルクラッチ式5段AT搭載車などは、キャロルでは非設定。また、アルトでは「レーダーブレーキサポート」「誤発進抑制機能」「エマージェンシーストップシグナル」がオプション扱いであるのに対し(最上級グレードのみ標準装備)、キャロルではすべてのCVT車に、標準で装備される。

ラインナップと価格は以下の通り。
・GF(FF/5MT):84万7800円
・GL(FF/CVT):91万5840円
・GL(4WD/CVT):102万1680円
・GS(FF/CVT):101万3040円
・GS(4WD/CVT):111万3480円
・GX(FF/CVT):112万3200円

(webCG)
 

関連キーワード:
キャロルマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、軽乗用車「キャロル」を全面改良 2014.12.26 自動車ニュース マツダが軽乗用車「キャロル」をモデルチェンジし、2015年1月に発売する。
  • マツダ・キャロル エコが35.0km/リッター達成 2013.12.19 自動車ニュース マツダが、燃費を35.0km/リッターに改善した「キャロル エコ」を発売した。
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • スバル、ターボエンジンを搭載したBRZを発表【ニューヨークショー2015】 2015.4.2 自動車ニュース STIの事業内容を1台で表現。「スバルBRZ」にターボエンジンのコンセプトカー。
ホームへ戻る