第3回:好敵手と乗り比べる

驚きの実力 2015.01.02 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T5 R-DESIGN(FF/8AT)/メルセデス・ベンツA250 シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)

新たなパワートレインを得た「V40 T5 R-DESIGN」は、どんな走りをもたらすのか? 近いスペックを有するライバル「メルセデス・ベンツA250 シュポルト」との比較を通して、その素顔に迫る。

リファインされたスポーツモデル

躍動感に富んだ個性的なスタイリングと、想像以上に高い走りのポテンシャル。加えて、多くの人を納得させる価格設定で、デビュー早々にしてクリーンヒットを飛ばした「V40」シリーズ。その中で最もスポーティーなグレードである「T5 R-DESIGN」のパワートレインが、今後すべてのボルボ車で展開される基本構造を持つ新エンジンと、同じく最新のトランスミッションとの組み合わせに変更された。

従来の5気筒エンジンと6段ATに代えて採用されたのは、同じ2リッターのターボ付きでありながら直列4気筒化された直噴ユニットと8段AT。
すなわち、グレード名の中にある「5」の数字は、もはや気筒数は示さない。その値はこの先、シリーズ内での位置づけをアピールする、パフォーマンスを表す記号として用いられるというわけだ。

全長が4.3m級で、およそ1.5トンの5ドアボディー。それに対して、最高出力が200psを大きく上回る2リッターのターボエンジンを搭載した、スタイリッシュなハッチバックモデル――そんな条件で周囲を見回すと、こちらも昨今人気急上昇中という“コンパクト・メルセデス”の中に、好敵手「A250 シュポルト」が見つかる。

実はこのモデル、導入当初の日本仕様は、V40と同様のFF車だったが、2014年の春には4WDシステムの持ち主へと宗旨変え。正式なモデル名も「A250 シュポルト 4MATIC」へと改められている。
4WD化されたこともあって、V40のT5 R-DESIGNと比べると、その価格は20万円ほど上回る。が、それでも基本的に両車がライバル関係にあることに変わりはないだろう。

年次改良を受けた、最新型の「ボルボV40 T5 R-DESIGN」。日本では2014年11月に発売された。
年次改良を受けた、最新型の「ボルボV40 T5 R-DESIGN」。日本では2014年11月に発売された。
2015年モデルの「V40 T5 R-DESIGN」には、直5ターボに代えて、アウトプットと燃費で優れる直4ターボ(写真)が搭載されている。
2015年モデルの「V40 T5 R-DESIGN」には、直5ターボに代えて、アウトプットと燃費で優れる直4ターボ(写真)が搭載されている。
4WDモデルの「メルセデス・ベンツA250 シュポルト 4MATIC」が日本で発売されたのは、2014年4月。同時に、それまでのFFモデルはカタログから落とされた。
4WDモデルの「メルセデス・ベンツA250 シュポルト 4MATIC」が日本で発売されたのは、2014年4月。同時に、それまでのFFモデルはカタログから落とされた。

第3回:好敵手と乗り比べるの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第5回:伊勢・志摩のドライブシーンを写真で紹介 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボで名だたる道を駆け、あこがれの場所に行く。その風景を写真で紹介する。
  • 「ボルボV40」にポールスターチューンの限定車登場 2017.10.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター」を設定し、50台の台数限定で発売した。価格は499万円。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記