アウディS1(4WD/6MT)

クールなエリート 2015.01.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。

希少なMT専用モデル

先日、国産各メーカーのMT車販売比率(2013年分。軽を含むすべての乗用車が対象)を教えてもらった。
トップは断然スバルで9.6%。最下位は日産の0.3%だった。
実は当初日産は「7%」と回答し、「そんなに高いわけがないと思うんですが……。0.7%の間違いでは?」と問い合わせたところ、実はそれをも大きく下回っており、爆笑の結末となった。国産車のトータルは2%。これでも「トヨタ86/スバルBRZ」の発売により、それ以前に比べるとかなり上昇しているようだ。

では輸入車はどうなのか。こちらの事情も日産と似たり寄ったりで、コンマいくつのせめぎあいになりそうだ。なにしろMT車の設定自体がほとんどないあたりからして、日産と同じである。
MTの本場である欧州でも、AT率は上昇を続けている。先日イタリアで駐車車両のAT率を数えたところ、ちょうど10%だった。かつては数%しかなかったというから、イタリアよお前もか、との感なきにしもあらず。まだたったの10%ではありますが。

そんな中、リリースされたアウディS1は、極めて希少なMT専用モデルだ。「MT車もあります!」ではなく、「MT車しかありません!」というモデルは本当に少ない。しかも、Sトロニックという十八番を持つアウディなのに、だ。しかもしかも、アウディとして「TT RS」以来4年ぶりのMT車なのだ。パフォーマンスより、そのことが最大のトピックではないだろうか。
日本でMT車に乗ることは、それだけでマニアでありエリートであり“もののふ”ではないかと私は思う。かくいう私も先日MT車を手放し、現在自家用車はすべてAT。もののふの立場を放棄してしまった。土下座。

アウディのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「S1」。日本では2014年11月に発売された。
アウディのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「S1」。日本では2014年11月に発売された。
ブラックのカラーリングで統一されたインテリア。日本仕様のハンドル位置は右のみとなる。
ブラックのカラーリングで統一されたインテリア。日本仕様のハンドル位置は右のみとなる。

トランスミッションは、コンベンショナルなMTのみ。段数は6段で、6段目はハイギアードとされている。ギアボックスのハウジングは、マグネシウム製。


	トランスミッションは、コンベンショナルなMTのみ。段数は6段で、6段目はハイギアードとされている。ギアボックスのハウジングは、マグネシウム製。
フロントまわり。エッジの立った専用バンパーなどで、ノーマルな「A1」との差別化が図られる。
フロントまわり。エッジの立った専用バンパーなどで、ノーマルな「A1」との差別化が図られる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディ、マイナーチェンジした「A3」を発売 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、マイナーチェンジによりデザインやエンジンのアウトプット、装備の内容を変更した「A3」「S3」を発表し、同日より販売を開始した。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディが「Q2」や新型「Q5」「A5」の年内導入を発表 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、東京都内で記者発表会を開催し、2016年の販売実績を報告。「Q2」「Q5」「A5」といった、2017年の新型車導入計画も発表した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
ホームへ戻る