「キャデラックATS」に2ドアクーペ登場

2015.01.05 自動車ニュース
「キャデラックATSクーペ プレミアム」
「キャデラックATSクーペ プレミアム」

「キャデラックATS」に2ドアクーペ登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年1月5日、「キャデラックATS」2015年モデルの価格を発表した。

「ATSプレミアム」
「ATSプレミアム」

■新グレード「プレミアム」が登場

2015年モデルのATSは、従来モデルからフロントグリルやバンパーのデザインを変更。エンブレムには「キャデラック・クレスト」と呼ばれる新しいブランドロゴマークを採用した。

ラインナップでは、新たに最上級グレードとして「プレミアム」を設定。自動緊急ブレーキや、シートの座面の振動によりドライバーに警告を発する「セーフティアラートシート」、自動でステアリングを制御する「レーンキープ・アシスト」、前走車追従機能付きのクルーズコントロール、携帯電話の非接触充電機能などを標準装備とした。

2リッター直4直噴エンジンに関しても、同グレードのみ最大トルクを40.8kgm(400Nm)に高めており、運動性能面でも差別化を図っている。

一方、既存のグレード「ラグジュアリー」「パフォーマンス」については価格を改定し、従来より20万円の値下げを実施した。

「ATSクーペ プレミアム」
「ATSクーペ プレミアム」

■新たに2ドアクーペを設定

また、2015年モデルからは既存の4ドアセダンに加え、新たに2ドアモデルの「ATSクーペ」が追加となった。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4680×1845×1400mm、ホイールベースは2775mmと、全長とホイールベースはセダンと共通ながら、全高は15mm低く、全幅は40mm広くなっており、よりロー&ワイドなスタイリングとなっている。

また、ルーフやドア、前後フェンダー、トランクリッドなどはいずれもクーペ専用設計で、4ドアセダンより、エレガントさや力強さを強調したデザインとなっているという。

2015年モデルのキャデラックATSの価格は、以下の通り。

セダン
・ラグジュアリー:449万円
・パフォーマンス:479万円
・プレミアム:499万円

クーペ
・プレミアム:509万円

なお、セダンのラグジュアリーとパフォーマンスについては、同日(2015年1月5日)新価格での販売を開始。セダンのプレミアムについては同年2月、クーペについては同年3月の発売を予定している。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATSクーペ プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2015.3.23 試乗記 キャデラックのエントリーモデル「ATS」にクーペが加わった。ライバルとなる「BMW 4シリーズ」や「アウディA5」とはどう戦うのか、その実力を確かめた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
ホームへ戻る